メインメニューを開く
トークイベントで司会を務める仲俣暁生(左)

仲俣 暁生(なかまた あきお、1964年2月9日 - )は、日本のフリー編集者、文筆家。「マガジン航」編集人。かつて別冊宝島などで「水本犬太郎」というペンネームを使っていた[1]

略歴編集

東京都出身。千葉県立船橋高等学校早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。情報誌「シティロード」、コンピュータ文化誌「ワイアード」日本版、「季刊・本とコンピュータ」の編集に携わる。

武蔵野美術大学横浜国立大学日本エディタースクールで非常勤講師。文化系トークラジオ「Life」のサブパーソナリティも務めるなど、活動は多岐に渡る。

著書編集

  • 『文学:ポスト・ムラカミの日本文学 カルチャー・スタディーズ』(朝日出版社、2002年)
  • 『極西文学論―West way to the world』(晶文社、2004年)
  • 『“ことば”の仕事』(原書房、2006年)
  • 『再起動 (リブート) せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社、2011年)

記事等編集

脚注編集

外部リンク編集