仲国造(なかのくにのみやつこ・なかこくぞう)は仲国を支配した国造。那珂国造・那賀国造・常道仲国造とも。

概要編集

古事記』では常道仲国造(ひたちのなかのくにのみやつこ)、『先代旧事本紀』「国造本紀」では仲国造、『常陸国風土記』では那珂国造と表記される。

祖先編集

  • 『古事記』では神八井耳命が国造の祖と記される。
  • 『先代旧事本紀』「国造本紀」では、成務朝伊予国造と同祖の建借間命が仲国造に任じられたという。
  • ただし建借馬命は『常陸国風土記』では崇神朝の人物と記されており、『阿蘇家略系譜』では崇神朝に科野国造に任命された武五百建命の甥とされ、子の武沼田命が成務朝に長狭国造に任じられたとされるから、「国造本紀」の任命記事には疑問が残る[1]

氏族編集

壬生氏(みぶうじ、)で、皇別氏族の多氏と同族。同族出身の国造としてはその他に伊予国造科野国造石城国造闘鶏国造阿蘇国造火国造などが挙げられるが、この内四国九州地方の国造は本来別族だと見られる[2]

後裔に長狭国造印波国造、丹羽県主がある。

本拠編集

支配領域編集

国造の支配領域は当時仲国と呼ばれた地域、後の常陸国那珂郡、現在の茨城県ひたちなか市などに相当する。

氏神編集

那珂郡式内社大井神社か。初代国造の建借馬命を祀る。

編集

子孫編集

系譜編集

神武天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神八井耳命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武宇都彦命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武速前命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敷桁彦命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武恵賀前命
 
武五百建命
崇神朝定賜科野国造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建借馬命
成務朝定賜仲国造
 
武稲背命
石城国造祖)
 
武諸木命
多氏祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
武水別命
 
武沼田命
(成務朝定賜長狭国造
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊都許理命
応神朝定賜印波国造
 
那珂乃子上命
(丹羽県主等祖)
 
大住那命
 

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝賀寿男「第2章 皇族系氏族 第1節 多氏族」『古代氏族系譜集成』上巻、1986年。
  2. ^ 多氏族概観」『古樹紀之房間』、2006年。
  3. ^ 「鏡塚古墳群」『日本歴史地名大系 8 茨城県の地名』平凡社、1982年。

参考文献編集

関連項目編集