中康(ちゅうこう)は、夏朝の第4代帝。の子。の父。

中康
第4代帝
王朝
都城 斟鄩
姓・諱 夏后中康
生年 不詳
没年 不詳
后妃 有鬲氏の女
※別に仲康とも作る

竹書紀年』によると、兄である太康狩猟に溺れ、諸侯の離散を招き、有窮氏后羿に斟鄩を追われて[1]洛水の南で亡くなったために、后羿がパトロンとなって即位した。

仲康五年(秋九月庚戌朔)に日食があり、羲氏と和氏が酒色に溺れたため、羲氏と和氏の職務である天文を廃し、暦を乱したので、胤(人物)がこれを攻めた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『竹書紀年』羿入居斟鄩
  2. ^ 『竹書紀年』五年秋九月庚戌朔、日有食之。命胤侯師、師征羲和」