忠快(ちゅうかい、応保2年(1162年) - 嘉禄3年3月16日1227年4月3日))は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての天台宗の僧。法印権大僧都。中納言法印と号した。「仲快」とも書かれる。

概要編集

平清盛の弟・門脇中納言教盛を父として生まれる。覚快法親王の弟子となり、安元2年(1176年)に受戒。慈円玄理に師事し、青蓮院に住する。平氏政権下において権少僧都まで進むが、寿永2年(1183年)に平家一門とともに都落ちし、2年後の元暦2年(1185年)の壇ノ浦の戦いにおいて捕虜となり、同年伊豆国へと配流される。

伊豆では狩野宗茂の監視下で過ごすが、この間源頼朝や御家人からの帰依を受け、やがて文治5年(1189年)には帰洛。父教盛の所有地であった三条小川高畠の地を返付され、同所に宝菩提院を営む。建久6年(1195年)には頼朝に随って再度関東に下向。建仁3年(1203年)には慈円の譲りにより権少僧都に還任。さらに権大僧都に進んだ。

鎌倉幕府第3代将軍源実朝の信頼も厚く、その招きにより数度に渡って関東を訪問している。一方、京においては後高倉院の帰依を受けるなど、朝廷・幕府の双方からの尊崇を集める高僧であった。承久年間には比叡山横川の長吏にも就任している。その教学は後世「小川流」と呼ばれ、台密十三流の一派を形成した。

参考文献編集