メインメニューを開く

仲町 (さいたま市浦和区)

日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 浦和区 > 仲町 (さいたま市浦和区)

仲町(なかちょう)は、埼玉県さいたま市浦和区町名。現行行政地名は仲町一丁目から仲町四丁目。郵便番号は330-0062[2]浦和駅に近く、商店街が形成されており、浦和ロイヤルパインズホテルなどの宿泊施設もある。西部は閑静な高級住宅街となっている。

仲町
—  町丁  —
浦和ロイヤルパインズホテル
■仲町の位置(埼玉県内)
■仲町
仲町
仲町の位置
座標: 北緯35度51分38.2秒 東経139度39分15.2秒 / 北緯35.860611度 東経139.654222度 / 35.860611; 139.654222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
浦和区
地域 Urawa Saitama chapter.JPG 浦和地区
人口 (2018年(平成30年)7月1日現在)[1]
 - 計 6,940人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 330-0062[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮
※座標は仲町四丁目自治会館の位置
玉蔵院通り
市役所通り

目次

地理編集

町内には国道17号国道463号が通り、町の東には東北本線が通る。都心への交通アクセスが良く、文教都市として人気の高い浦和エリアの中心部にあることから高層マンションが相次いで建設されている。国道17号より西は隣接する常盤別所と同じように閑静な高級住宅街となっており、戸建の住居が多い。しだれ桜の名所である玉蔵院や最新の免震設備を整えた危機管理防災センターなど、伝統と最新設備が共存する街である。

歴史編集

  • 1937年昭和12年) - 浦和市大字浦和宿の一部から仲町一丁目~五丁目が成立。
  • 1965年(昭和40年)7月1日 - 住居表示前の仲町一丁目から五丁目のうち一丁目から四丁目と常盤町一丁目、高砂町三丁目、大字別所の各一部から住居表示を実施して仲町一丁目から四丁目が成立し(仲町一丁目と常盤町一丁目の一部から一丁目、仲町二丁目と常盤町一丁目・高砂町三丁目の一部から二丁目、仲町三丁目から三丁目、仲町四丁目と大字別所の一部から四丁目)、五丁目(東北本線より東側)と本太町二丁目の一部から住居表示実施により東仲町が成立した。
  • 2001年平成13年)5月1日 -浦和市が、与野市大宮市と合併しさいたま市となり、さいたま市の町名となる。旧大宮市仲町との区別のため「浦和仲町」に改称する。
  • 2003年(平成15年)4月1日 - さいたま市が政令指定都市に移行しさいたま市浦和区の町名となり、再び「仲町」に改称する。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
仲町一丁目 765世帯 1,459人
仲町二丁目 837世帯 1,712人
仲町三丁目 726世帯 1,725人
仲町四丁目 787世帯 1,854人
3,115世帯 6,750人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
仲町一丁目 全域 さいたま市立高砂小学校 さいたま市立岸中学校
仲町二丁目 全域 さいたま市立仲町小学校 さいたま市立常盤中学校
仲町三丁目 全域
仲町四丁目 全域

交通編集

 
うらもん通り
 
仲町平和通り

鉄道編集

地区内に駅は無いが、

道路編集

  • 国道17号(中山道)
  • 国道463号(旧中山道)
  • 門前通り
  • うらもん通り(県庁の裏門(現存しない)に通じていたことから)
  • もくせい通り
  • 仲町平和通り
  • 坂下通り
  • 市役所通り

施設編集

1丁目
2丁目
3丁目
4丁目

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

関連項目編集

参考文献編集