メインメニューを開く

仲 石伴(なか の いわとも)は、奈良時代皇族貴族。当初は石津王を名乗り、のち臣籍降下して藤原朝臣次いで仲真人となった。官位従四位下左勇士率

 
仲石伴
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 天平宝字8年9月18日764年10月21日
改名 石津王→仲石伴
官位 従四位下左勇士率
主君 孝謙天皇淳仁天皇
氏族 藤原朝臣→仲真人
父母 養父:藤原仲麻呂
テンプレートを表示

目次

経歴編集

当初石津王を名乗る。天平勝宝元年(749年)無位から従五位下直叙され、天平勝宝5年(753年紀伊守に任ぜられる。天平勝宝9歳(757年大納言藤原仲麻呂の養子となり、藤原朝臣姓を与えられ臣籍降下する。のち仲真人姓に改姓する。

天平宝字3年(759年舎人親王が崇道盡敬皇帝の尊号を追贈された際に一挙に四階昇進し、藤原仲麻呂の実子である真先訓儒麻呂と同時に従四位下に叙せられる[1]。藤原仲麻呂政権下で河内守右虎賁衛督左勇士率と武官を歴任する。

なお、この間の天平宝字5年(761年)に第14次遣唐使の遣唐大使に任ぜられている。しかし、天平宝字6年(762年)3月に遣唐副使が石上宅嗣から藤原田麻呂に交代するという体制上の問題が発生し[2]、さらに安芸国から難波江口(淀川河口)に到着した遣唐使船が破損したため、遣唐使の規模を縮小せざるを得なくなり、石伴に替わって遣唐判官・中臣鷹主が遣唐大使となっている[3]

天平宝字8年(764年)に発生した藤原仲麻呂の乱では藤原仲麻呂と行動を共にし、近江国で敗死した[4]

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ この時に舎人親王の孫が二世王待遇となって従四位下に叙せられていることから、石伴も舎人親王の孫である可能性もある。
  2. ^ 『続日本紀』天平宝字6年3月1日条
  3. ^ 『続日本紀』天平宝字6年4月17日条
  4. ^ 『続日本紀』天平宝字8年9月29日条

参考文献編集