メインメニューを開く

仲里御殿(なかざとうどぅん)は、尚純の次男・尚監、野国王子朝直を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家で、王国末期に仲里間切(現:久米島町(仲里地区))の按司地頭を務めた琉球王国大名

仲里御殿
No image available.svg
細隅立て角に左三つ巴
本姓 向氏第二尚氏
家祖 野国王子朝直
種別 琉球王族
出身地 琉球王国・首里
主な根拠地 琉球王国・首里
凡例 / Category:日本の氏族

一世朝直は最初、与那城間切の按司地頭に任ぜられ与那城王子を称したが、さらに恩納間切按司地頭職を加増されて、恩納王子を称した。1733年、久米具志川間切の按司地頭に転任したので、野国王子朝直と称するようになった。三世朝政は9歳で卒し、弟の朝堅が家統を継いだが嗣子がなく、又従兄弟に当たる久志御殿の朝義を養子に迎えた。七世朝諄の時、琉球処分となった。

系譜編集

  • 一世・野国王子朝直
  • 二世・野国按司朝康
  • 三世・野国按司朝政(朝康長男。早世)
  • 三世・野国按司朝堅(朝康次男)
  • 三世・与那城按司朝義(久志御殿二世・越来按司朝穎の子。仲里御殿へ養子入り)
  • 四世・与那城按司朝宜
  • 五世・安勢理按司朝顕(朝宜次男。早世)
  • 五世・仲里按司朝衛(朝宜三男)
  • 六世・上原按司朝庸
  • 七世・仲里按司朝諄

参考文献編集

  • 沖縄県氏姓家系大辞典 編纂委員会『沖縄県氏姓家系大辞典』角川書店、1992年(平成4年)。ISBN 978-4040024707
  • 宮里朝光(監修)、那覇出版社(編集)『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年(平成10年)。ISBN 978-4890951017
  • 比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年(平成17年)。ISBN 978-4990245702

関連項目編集