仲里 進(なかざと しん[1]1977年4月6日[2] - )は、日本の車いすラグビー選手。沖縄県浦添市内間出身。リオデジャネイロパラリンピック日本代表チームの一員として銅メダルを獲得。2016年10月に浦添市市民栄誉賞、11月に沖縄県県民栄誉賞を受賞[3][4]

略歴編集

先天性多発性関節拘縮症を持って生まれる[2]

車いすバスケ、車いすツインバスケットボールを経て、2002年からウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)を始める[2]

日本代表チームの一員として、アテネ、北京、ロンドン、リオと4大会連続パラリンピックに出場し、リオでは銅メダルを獲得する[2]

2016年10月に浦添市市民栄誉賞、11月に沖縄県県民栄誉賞を受賞する。

脚注編集