任侠野郎

任侠野郎』(にんきょうやろう)は、2016年6月4日[1][2]公開の日本ヤクザ映画[3][4][5]

任侠野郎
監督 徳永清孝
脚本 福田雄一
出演者 蛭子能収
配給 KATSU-do
公開 日本の旗 2016年6月4日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

監督は『世界一受けたい授業』などのバラエティ番組の演出を手掛けた徳永清孝。主演は本作で長編映画初主演となる蛭子能収[3][4][5][6]。「カッコイイ蛭子さんを撮ろう」とのコンセプトで製作され、「高倉健さんになりきって」ヤクザの元若頭の役を演じたという蛭子の意外な一面を見ることができる[3][4][7]。本格任侠作品を目指しアクションシーンも盛り込まれたが、制作発表会見で蛭子は「吹き替えなし。アクション監督の言うとおりにやりました」と話している[3][8]

あらすじ編集

かつて関東一円に名をとどろかせた小里組元若頭・柴田源治。過去と決別し堅気として生きていくためにクレープ屋を営んでいたが、昔の仲間との再会をきっかけにヤクザの抗争事件に巻き込まれていく[2][5][9]

キャスト編集

スタッフ編集

[1]

主題歌・挿入歌編集

[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 映画『任侠野郎』公式サイト”. 『任侠野郎』製作委員会. 2015年10月15日閲覧。
  2. ^ a b “蛭子能収がクレープ屋営む元若頭役で主演、映画「任侠野郎」が6月公開”. ナタリー. (2016年1月14日). http://natalie.mu/eiga/news/172409 2016年2月4日閲覧。 
  3. ^ a b c d “蛭子能収、任侠作で長編映画初主演”. 朝日新聞デジタル. (2015年10月15日). http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2060754.html 2015年10月15日閲覧。 
  4. ^ a b c “橋本マナミ、蛭子能収との「ベッドシーンが無くて残念」”. 報知新聞. (2015年10月15日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151015-OHT1T50093.html 2015年10月15日閲覧。 
  5. ^ a b c “蛭子能収が橋本マナミに愛人迫る「おれ無理でしょ」”. 日刊スポーツ. (2015年10月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1553090.html 2015年10月15日閲覧。 
  6. ^ “「脇毛、剃ったんだ!」蛭子の素っ頓狂に、橋本マナミ絶句!? 京都国際映画祭開幕 4日間で65作上映”. 産経新聞. (2015年10月15日). http://www.sankei.com/west/news/151015/wst1510150080-n1.html 2015年10月15日閲覧。 
  7. ^ “蛭子能収、橋本マナミの愛人志願にタジタジ「俺は無理でしょ」”. スポーツニッポン. (2015年10月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/16/kiji/K20151016011329900.html 2015年10月16日閲覧。 
  8. ^ “蛭子能収、長編映画初主演に手応え「高倉健みたいな役」”. オリコン. (2015年10月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2060754/full/ 2015年10月16日閲覧。 
  9. ^ “橋本マナミが蛭子能収の愛人に立候補「よければ」”. 東京スポーツ. (2015年10月15日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/460822/ 2015年10月15日閲覧。 
  10. ^ “千鳥・大悟、“10代の蛭子能収”役に「無茶苦茶」 「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」概要発表会2”. MANTANWEB. (2016年3月15日). http://mantan-web.jp/movie/ZmlbnegehIQ.html 2016年3月16日閲覧。 

外部リンク編集