メインメニューを開く

任 鄙(じん ひ、? - 紀元前288年)は、中国戦国時代の政治家・軍人。武王の時期に孟賁烏獲夏育と並び称され[1]高官に取り立てられた著名な大力士の一人であった。

経歴編集

秦の昭襄王13年(紀元前294年)、秦の丞相魏冄の推挙で任鄙は漢中郡郡守に就任した[2]

昭襄王19年(紀元前288年)、任鄙死去。

逸話編集

任鄙は大力で有名で、当時の秦で知恵者として有名だった樗里疾と対比され、「力は任鄙、智は樗里」と謳われたと言う逸話がある[3]

脚注編集

  1. ^ 史記・巻五・第五秦本記
  2. ^ 史記・巻七十三・白起王翦列伝
  3. ^ 史記・巻七十一・樗里子甘茂列伝第十一