メインメニューを開く

伊与原 新(いよはら しん、1972年[1] - )は、日本小説家推理作家大阪府吹田市出身。神戸大学理学部地球科学科(現・地球惑星学科)卒業[2]東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。専門は地球惑星物理学[1]

伊与原 新
(いよはら しん)
誕生 1972年
日本の旗 日本大阪府吹田市
職業 小説家推理作家
国籍 日本の旗 日本
教育 博士(理学)
最終学歴 東京大学大学院理学研究科博士課程修了
活動期間 2010年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 横溝正史ミステリ大賞
新田次郎文学賞
デビュー作 『お台場アイランドベイビー』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

2003年より富山大学理学部に助教として勤務[3]2008年にプロットを思いつき、小説を書きはじめる[2][4]2009年、初めて書いた小説「二度目の満月」で第55回江戸川乱歩賞の最終候補作となる(受賞作は遠藤武文『プリズン・トリック』)[5]2010年、「ルカの方舟」で第56回江戸川乱歩賞の最終候補作となり(受賞作は横関大『再会』)[6]、「お台場アイランドベイビー」で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞し小説家デビュー。同作は、大学3年生だった1995年に起きた阪神・淡路大震災後の街並みをイメージして書いた[2]。選考委員の綾辻行人は「近未来ニッポンの社会状況(しかも首都圏直下地震発生後)のシミュレーションがまず、小気味よいリアリティをもって構築されていて、めっぽう面白く読める」と評した[7]2019年、『月まで三キロ』で第38回新田次郎文学賞を受賞。

作品リスト編集

単著編集

  • お台場アイランドベイビー(2010年9月 角川書店 / 2013年9月 角川文庫
  • プチ・プロフェスール(2011年9月 角川書店)
    • 【改題】リケジョ!(2014年2月 角川文庫)
  • ルカの方舟(2013年6月 講談社 / 2015年10月 講談社文庫)
  • 博物館のファントム(2014年1月 集英社 / 2016年9月 集英社文庫)
    • 呪いのルビーと鉱物少年(初出:『小説すばる』2012年4月号) - 「標本収蔵室の怪人」改題
    • ベラドンナの沈黙(初出:『小説すばる』2012年10号)
    • 送りオオカミと剥製師(初出:『小説すばる』2013年1月号)
    • マラケシュから来た化石売り(初出:『小説すばる』2013年4月号)
    • 死神に愛された甲虫(初出:『小説すばる』2013年6月号)
    • 異人類たちの子守唄(初出:『小説すばる』2013年10月号) - 「異人類たちの歌」改題
  • 磁極反転(2014年8月 新潮社
    • 【改題】磁極反転の日(2017年4月 新潮文庫)
  • 梟のシエスタ(2015年7月 光文社
    • 小説宝石』に掲載された「梟のシエスタ」「梟のアプエスタ」「梟のファンダンゴ」をI〜III章とし、IV章とV章を書き下ろし。
  • 蝶が舞ったら、謎のち晴れ 気象予報士・蝶子の推理(2015年7月 新潮文庫nex
    • 序章(書き下ろし)
    • ミモザの霞んだ日(初出:『小説新潮』2012年2月号)
    • 五十二年目の遠雷(初出:『小説新潮』2013年2月号)
    • 台風二過(初出:『小説新潮』2014年2月号)
    • エオルスの竪琴(初出:『小説新潮』2014年9月号)
    • 標本木の恋人(初出:『小説新潮』2015年2月号)
    • 終章(書き下ろし)
  • ブルーネス(2016年8月 文藝春秋
  • コンタミ 科学汚染(2018年3月 講談社)
  • 月まで三キロ(2018年12月 新潮社)
    • 月まで三キロ(書き下ろし)
    • 星六花(書き下ろし)
    • アンモナイトの探し方(書き下ろし)
    • 天王寺ハイエイタス(書き下ろし)
    • エイリアンの食堂(書き下ろし)
    • 山を刻む(書き下ろし)

アンソロジー編集

「」内が伊与原新の作品

  • 名探偵だって恋をする(2013年9月 角川文庫)「浮遊惑星ホームバウンド」
  • 驚愕遊園地(2013年11月 光文社 / 2016年5月 光文社文庫)「梟のシエスタ」

脚注編集

外部リンク編集