伊丹潤

1937-2011, 建築家

伊丹 潤(いたみ じゅん、1937年5月12日 - 2011年6月26日[1])は、日本建築家画家在日韓国人2世で本名は庾東龍 (ユ・ ドンヨン)。

伊丹潤
Itami jun BALTHAUS.jpg
生誕庾 東龍(ユ・ ドンヨン)
1937年5月12日
死没 (2011-06-26) 2011年6月26日(74歳没)
東京都
国籍大韓民国の旗 韓国
出身校武蔵工業大学
職業建築家、画家
受賞芸術文化勲章(2005年)
村野藤吾賞(2010年)
所属 伊丹潤建築研究所
建築物 墨の家
温陽美術館
ゲストハウス PODO HOTEL

伊丹潤の名は、生まれて初めて韓国行きの飛行機に乗った伊丹空港の「伊丹」と、親しく交流していた朝鮮出身の作詞・作曲家・歌手であった吉屋潤(よしやじゅん、またはキ・オギュン(길옥윤))の「潤」とを合わせて作ったものである[2][3]。姓の漢字「庾(ユ)」が、常用漢字として認められていなかったためもあるという[3]人名用漢字の項も参照[4])。

経歴・人物編集

東京都出身。1964年、武蔵工業大学工学部建築学科卒業。1968年に伊丹潤建築研究所設立。2007年から2008年まで、日本民藝館運営委員。2009年から済州国際英語教育都市開発事業のマスター・アーキテクトに就任。

代表作にDuson Museum (2007年) ・WIND MUSEUM・STONE MUSEUM・WATER MUSEUM、Guest House PODO Hotel (2001年)、PINX Public Golf Club House (1998年) the Kinta Naeba(1985年)など。

父祖の地である大韓民国では済州島のプロジェクトなどを手がけた。

主な展覧会に、2003年「伊丹潤-建築展」パリ・国立ギメ東洋美術館、2004年「伊丹潤-建築展」ベルリン、Aedes East Architecture Forumなどがある。2009年にはニューヨーク・グッゲンハイム美術館に招待作家として招請された。

2011年6月26日、脳出血のため東京都内の病院で死去。74歳没[1]

著書等編集

  • 李朝民画(講談社)
  • 李朝の建築(求龍堂)

受賞歴編集

  • 1980年 日本サイン協会協会賞
  • 1992年 GIDコンペティション優秀賞
  • 1992年 ナショナルオーシャニックミュージアム国際コンペティション最優秀賞
  • 2001年 韓国建築家協会作品賞
  • 2002年 韓国・名家名人賞
  • 2005年 シュバリエ勲章
  • 2006年 国連人間住居計画 -UN HABITAT-主催のアジア文化・景観賞
  • 2006年 韓国・金寿根文化賞
  • 2008年 韓国建築文化大賞優秀賞
  • 2010年 村野藤吾賞

参考文献編集

  • 伊丹潤 建築作品集(求龍堂、1993年)
  • JUN ITAMI―1970-2008 建築と都市(主婦の友社、2008年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b インターネットミュージアム:建築家の伊丹潤さんが死去
  2. ^ 低姿勢の建築美学” (日本語). dongA.com. 東亜日報 (2019年10月2日). 2019年11月13日閲覧。
  3. ^ a b 【コラム】造物主と建築主、そして伊丹潤” (日本語). Joongang Ilbo. 中央日報 (2019年8月27日). 2019年11月13日閲覧。
  4. ^ 人名用漢字』:「外国人が日本国籍を取得する場合の姓にもこの文字の制限が適用されていたが、2008年12月8日の国籍法改正(2009年1月1日施行)に呼応した民事局長通達によりこの制限は緩和され、「康熙字典の正字」や「国字」も状況次第で使用可能となった。2008年12月31日以前は、「田尻」「小澤」「藪」や「崔・姜・趙・尹」といった、常用漢字や人名用漢字にない漢字を含む苗字にすることはできなかったが、現在はこの制限はなくなっている。なお、この漢字制限が明確に完全撤廃されたのは、2012年7月9日施行の新しい在留管理制度開始からである」

外部リンク編集