伊丹駐屯地(いたみちゅうとんち、JGSDF Camp Itami)は、兵庫県伊丹市緑ヶ丘7-1-1・川西市久代5丁目に所在し、中部方面総監部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地

伊丹駐屯地
駐屯地正門(正面の庁舎は当時総監部が使用)
駐屯地正門(正面の庁舎は当時総監部が使用)
位置
所在地 兵庫県伊丹市緑ヶ丘7-1-1(大代表)
座標 北緯34度47分54.1秒 東経135度24分23.9秒 / 北緯34.798361度 東経135.406639度 / 34.798361; 135.406639
概要
駐屯地司令 中部方面総監部幕僚長 兼任
主要部隊 中部方面総監部
第36普通科連隊
中部方面通信群ほか

開設年 1951年
テンプレートを表示

概要編集

主に中部方面隊直轄部隊が駐屯する。第3師団司令部千僧駐屯地に置かれる。

最寄の演習場は、長尾山演習場。駐屯地司令は、中部方面総監部幕僚長が兼務。至近距離に千僧駐屯地、川西駐屯地がある。警察予備隊創設時、他の管区隊の駐屯地がすんなり決まったのに第3管区隊の駐屯地はなかなか決まらず、移転する管区警察学校の跡地5,000坪と隣接する伊丹市の30,000坪の提供を受けようやく開設された。

宝塚音楽学校では1989年から全生徒が伊丹駐屯地で基本教練の研修を受けている[1]

沿革編集

警察予備隊

陸上自衛隊

  1. 中部方面通信群を中部方面システム通信群に改編。
  2. 第303システム防護隊を新編、システム通信団サイバー防護隊に編合[4][5]

駐屯部隊編集

中部方面隊及び隷下部隊編集

第3師団隷下部隊編集

陸上総隊直轄部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「地域に密着した民生支援活動を紹介 自衛隊はいつも私達の隣にいる」 『MAMOR』、2010年9月、Vol.43、扶桑社、8-12頁
  2. ^ a b c 陸上自衛隊20年年表(朝雲新聞社・1971年)
  3. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月9日閲覧。
  4. ^ 令和4年3月17日陸上幕僚長より皆さまへ - 陸上自衛隊(2022年3月18日閲覧)
  5. ^ 陸幕、概算要求額契約ベースで6154億円に – 旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社” (日本語) (2020年10月1日). 2022年3月20日閲覧。

外部リンク編集