メインメニューを開く

伊勢ヶ坪城(いせがつぼじょう)は、広島県広島市安佐北区大林にある日本の城山城)跡。

logo
伊勢ヶ坪城
広島県
伊勢ヶ坪城遠景
伊勢ヶ坪城遠景
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 熊谷直時
築城年 13世紀後半
主な改修者 熊谷信直
主な城主 熊谷氏
廃城年 16世紀末期
遺構 石垣、土塁
指定文化財 県史跡

目次

沿革編集

安芸国三入荘を領地とした熊谷氏の居城である。「承久の乱」の戦功により安芸国に入った当時の熊谷氏当主熊谷直時は三入荘北端である大林の地に伊勢ヶ坪城を構え、居城とした。

その後、戦乱の時代になると熊谷直経は山城とはいえ、比高も低く、防御力の高くない伊勢ヶ坪城から、要害堅固な三入高松城に居城を移している。しかし繋ぎの城としての役目もあり伊勢ヶ坪城は廃城となることなく存続し、隠居城としての役目も持っていたと言われている。その後毛利氏の防長移封に従い、伊勢ヶ坪城も他の熊谷氏の城や屋敷同様廃され、熊谷元直は三入の地を離れ、萩へと移っていった。

概要編集

城は根ノ谷川の東岸に築かれ、1郭から南西に延びる尾根に沿って、4つの郭と北側に1つの郭を備えている。西側には3本の堀切を配置して防御線とし、1郭東側は東から延びてくる尾根を2本の堀切で遮断し、根ノ谷川を天然の堀としている。1郭の東北端には井戸の痕跡があり、1郭南西下の郭には全長20m、高さ1.1m-1.5m程度の石垣も備えていた。

 
伊勢ヶ坪城近景

関連項目編集

外部リンク編集