伊勢ヶ濱(いせがはま)は、日本相撲協会年寄名跡のひとつである。名称の由来は「伊勢ノ海部屋の分家」という意味あいによる。6代までは伊勢ケ濵を名乗っていた。伊勢ヶ濱表記に変更されて以降も、報道上では伊勢ケ浜と表記されることがある[1]

伊勢ヶ濱の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 行司・式守伊之助 (5代) --- --- 二枚鑑札
2代 荒熊力之助 小結 関ノ戸部屋 1859年1月-1861年10月(死去) 二枚鑑札
3代 両國梶之助 関脇 伊勢ノ海部屋 1872年11月-1904年1月(死去)
4代 鶴ヶ濱熊吉 前3 小野川(大阪)-八角-中立-八角部屋 1907年1月-1929年5月(廃業) 世話人へ転向
5代 清瀬川敬之助 関脇 熊ヶ谷-楯山部屋 1929年9月-1961年1月(停年(定年)退職)
6代 照國万藏 横綱 伊勢ヶ濱部屋 1961年1月-1977年3月(死去)
7代 清國勝雄 大関 荒磯-伊勢ヶ濱部屋 1977年4月-2006年11月 11代若藤へ名跡変更
8代 和晃敏郎 前1 荒磯-伊勢ヶ濱部屋 2006年11月-2007年8月 12代若藤へ名跡変更
9代 旭富士正也 横綱 大島部屋 2007年11月-

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 伊勢ケ浜審判部長「相撲が全部終わってから」…照ノ富士が大関復帰目安到達 2021年3月25日 20時49分スポーツ報知 (2021年3月26日閲覧)

関連項目編集