メインメニューを開く

伊勢丹府中店(いせたんふちゅうてん)は、かつて東京都府中市に所在し、三越伊勢丹が運営していた商業施設

伊勢丹府中店
Isetan Fuchu branch.JPG
地図
店舗概要
所在地 183-0023
東京都府中市宮町一丁目41番地2
座標 北緯35度40分15.1秒 東経139度28分47.8秒 / 北緯35.670861度 東経139.479944度 / 35.670861; 139.479944座標: 北緯35度40分15.1秒 東経139度28分47.8秒 / 北緯35.670861度 東経139.479944度 / 35.670861; 139.479944
開業日 1996年4月3日
閉業日 2019年9月30日
施設所有者 三越伊勢丹
施設管理者 フォルマ
延床面積 約74,000 m²
商業施設面積 32,402 m²
前身 商店街
最寄駅 府中駅
外部リンク 伊勢丹府中店
ISETAN logo.svg
テンプレートを表示
フォーリス(同建物)

ペデストリアンデッキにより府中駅と直結していた。

概要編集

府中駅南口市街地再開発事業計画のテナントとして選出され[1]1996年4月3日、再開発における最初に完成した9階建ての「フォレストサイドビル」に専門店街フォーリス等と共にオープンした。総事業費約547億円。店舗面積は約3万2000平方メートル。フォレストサイドビルには、13階建ての明治生命府中ビル(現:KDX府中ビル)も併設された[1][2]2016年3月末には、開店20周年を迎えるにあたって地下1階食品フロアをリモデル。クイーンズ伊勢丹グランデが核店舗として入った[3]

2017年7月、再開発の最後の施設である15階建ての複合ビル「ル・シーニュ」がオープンした。50年にわたる再開発事業の終了と京王線高架化による地域分断の解消と相まって、府中駅周辺の拠点性は格段に増強され、回遊性の向上も期待された[2][4]

だが、2018年9月26日、三越伊勢丹ホールディングスが翌年9月30日をもって伊勢丹府中店を閉店すると発表した[5]。発表によると、府中店の売上高は開店初年度に記録した261億円がピークであり、以降売上は低下の傾向を示していたという[6]。閉店を発表した折、三越伊勢丹HDはビル運営会社などの関係者と別業態の商業施設化に向けた協議をする方針も明らかにしたが、具体策は決まっていない[7]。なお、フォーリスは府中店の閉店後も営業を継続している。

年表編集

  • 1988年(昭和63年) - 府中駅南口第二地区市街地再開発事業の核テナントとして選出される[1]
  • 1996年(平成8年)4月3日 - 伊勢丹府中店開業。
  • 2016年(平成28年)3月30日 - 地下1階食品フロア リモデルオープンし「クイーンズ伊勢丹グランデ」が核店舗として入る。
  • 2019年 (令和元年) 9月30日 - 閉店。

店内構成編集

主なテナントや設備など(2016年現在)

9階
  • レストラン(新宿つな八、へぎそば小嶋、築地寿司清ほか)、メガネ、美容室TAYA、写真室、たかの友梨
8階
  • 催事場、コムサイズム
7階
6階
  • キッチン用品、インテリア、寝具、カフェエディアール
5階
4階
3階
2階
  • 2階正面玄関、化粧品、婦人靴、ハンドバッグ
1階
地下1階

脚注編集

外部リンク編集