伊勢丹相模原店(いせたんさがみはらてん)は、かつて神奈川県相模原市南区に所在し、三越伊勢丹伊勢丹ブランドで運営していた百貨店。相模原市内で唯一の百貨店であった[1]

伊勢丹相模原店
Isetan Sagamihara
本館
地図
地図
店舗概要
所在地 252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野4-4-3
座標 北緯35度32分0.37秒 東経139度26分5.7秒 / 北緯35.5334361度 東経139.434917度 / 35.5334361; 139.434917 (伊勢丹相模原店)座標: 北緯35度32分0.37秒 東経139度26分5.7秒 / 北緯35.5334361度 東経139.434917度 / 35.5334361; 139.434917 (伊勢丹相模原店)
開業日 1990年9月25日
閉業日 2019年9月30日
施設所有者 三越伊勢丹
施工者 大林組
延床面積 約38,538 m2
※A館・B館も含む
営業時間 10:00-19:00(レストラン街・イートパラダイスは11:00-21:00)
駐車台数 1,200台
※伊勢丹本館地下駐車場など、このほか提携駐車場多数
前身 アメリカ陸軍医療センター跡地
最寄駅 小田急小田原線小田急江ノ島線 相模大野駅
外部リンク 伊勢丹相模原店ホームページ(アーカイブ)
テンプレートを表示

1990年平成2年)9月25日開業。2019年令和元年)9月30日をもって閉店。本館跡地には2025年に41階建複合型タワーマンション「プラウドタワー相模大野クロス」が建設される予定[2]

1993年(平成5年)4月9日にはA館・B館が増設されたが[3]、こちらは2016年(平成28年)2月1日に閉館した。

概要 編集

開店 編集

1981年(昭和56年)に、小田急相模大野駅前に所在していたアメリカ陸軍医療センター跡地が日本へ返還された。

この出来事は、「市の中心」と呼ぶべき街が無かった相模原市にとって大きな機会であった。同市は、返還されたばかりであるこの「医療センター跡地を用いた開発」と、従来から相模大野駅周辺で行われていた「土地区画整理事業」[注 1]を並行させ、相模大野を「相模原市の中心都市」へ変貌させる大規模計画に着手したのである[4]

この時相模原市は、相模大野駅周辺の中でも、次の3ヶ所を「核」とした三核構造を計画した[4]



この3ヶ所のうち、医療センター跡地を「商業・文化の核」として、図書館[注 2]・文化会館(ホール)[注 3]・立体駐車場・公園[注 4]・高等学校[注 5]・住宅[注 6]・専門店街[注 7]・そして都市型百貨店の整備を進めた[4]

この都市型百貨店へ、相模原市が伊勢丹(当時)を誘致する形で[5][6]1990年平成2年)9月25日に伊勢丹相模原店が開店することとなった。

建物 編集

 
本館2階・ギャラリースクエアの床に嵌め込まれていたプレート

1980年代後半に起こったバブル景気の勢いから、潤沢な資金を使ってヨーロッパ風の装飾・歴史的建築様式をふんだんに取り入れる「ポストモダン」の影響を強く受けた建物である。この影響は、店内の大理石・彫刻・モザイク画などに見受けられるが、その中でも大きな特徴が「ギャラリースクエア」である。

ギャラリースクエアとは、2-4階建物中央部を縦に貫く大規模な吹き抜け空間である。3階にはその吹き抜けを横切るが掛けられており、「一見ムダとも思えるほど効率を度外視」した斬新な百貨店として業界から注目を集めた[7]。 またギャラリースクエア・2階部分は、正面玄関~グリーンホール口につながる幅広の道にもなっており、相模大野駅・商店街方面と、グリーンホール・中央公園方面の間を結ぶ太い動線となっていた[8]

他方で、相模原市は伊勢丹を「相模大野の重要な核」と位置付けていたため同市の影響が強く、隣接する市営施設(グリーンホール相模大野・市営立体駐車場・市民ロビー)の間は全て連絡通路で繋がっていた[9][10]。また建物の外壁は、相模原市が定めた「環境デザイン計画」に則り、アースカラーの落ち着いた色彩のタイル、さらに御影石サンドストーンといった自然石が用いられた[11][12]

閉店の発表 編集

1993年(平成5年)には本館の道路向かいにA館・B館を増設、1996年(平成8年)には売上が377億円まで拡大した[13]。同年代に開発されたグリーンホール相模大野相模大野モアーズ、ロビーファイブなどと共に相模大野の「核」として発展を支え、近隣地域より都市化が遅れていた相模大野を「第4山の手」の一角と呼ばれるまでに急成長させた[14][注 8]

しかし、バブル崩壊をきっかけとした景気後退で「ユニクロ」など低価格ブランドが台頭した事、近隣商業圏(町田・新百合ヶ丘など)との競争激化[15]、さらに相模大野駅新駅舎化によって駅出口が伊勢丹から遠い場所へ移転してしまった事による人流の弱化、そしてその相模大野駅に直結する「相模大野ステーションスクエア」の開業[16]など様々な要因が重なって赤字が恒常化。2003年度以降の減損損失の合計は約104億円にのぼった[17]

2016年(平成28年)にはA・B館を閉館し[18]効率化を進めたものの恒常的な赤字から抜け出せず、業態転換も含めた様々な検討も行われてきたが[19]、2018年9月26日に三越伊勢丹ホールディングスが「業績不振のため、採算性の低い地方店舗を見直す」[20]として、2019年9月30日をもって伊勢丹相模原店を閉店すると発表した[21]。この際、伊勢丹府中店新潟三越の閉店も同時に発表されている。

閉店 編集

2019年(令和元年)7月から感謝セールを開催し、多くの客が詰め掛けた。また同年8月にはイラストレーター・鈴木英人が本館をモチーフにした描き下ろしイラストを制作[22]、本館ギャラリースクエアの懸垂幕にも用いられた。他にも同氏の企画展や原画・グッズ販売[23]が行われた。

そして予定通り、2019年9月30日の19時をもって全営業を終了した[24][25][26]。最終営業日のこの日には開店前から1,500人もの買い物客が列を成した。開店後も客が途切れず、各階の目玉商品はあっという間に売り切れた。閉店の際には、2階正面玄関前で山下洋志店長らが多くの来店客に見守られながら挨拶を行ない、伊勢丹相模原店の29年の歴史に幕を下ろした[27]。これにより、2015年5月31日さいか屋が閉店したことにより百貨店がなくなった川崎市 [28]に続いて、相模原市は全国で2番目に百貨店のない政令指定都市となった[29]

閉店後 編集

閉店後は野村不動産へ売却され[30][31]2020年(令和2年)3月から本館建物の解体に着手、2021年(令和3年)12月に解体が終了した。ただし、一部の鉄筋コンクリート躯体やペデストリアンデッキなどは解体を免れた。これは、跡地を購入した野村不動産が、同社が進める跡地利用に際し、超高層マンションの建設に旧伊勢丹相模原店の躯体を一部再利用することを発表したためである[32]。それらは補修や耐震補強を行なった後、2025年に竣工予定の41階建複合型タワーマンションに再利用される[33]

本館の主なテナント 編集

2019年9月閉店時)

伊勢丹相模原店 本館
7 レストラン街・ルーフガーデン
6 レストラン街・ベビー・子供服/玩具
5 和洋食器・宝飾・催物場
4 紳士服・靴・お得意様サロン 市営駐車場連絡口
3 婦人服
2 ギャラリースクエア・婦人雑貨・化粧品 A館連絡通路
1 婦人服・紳士服・アフタヌーンティー
B1 食品街
B2 駐車場
B3

A館・B館 編集

伊勢丹相模原店 A館・B館
地図
 
店舗概要
所在地 252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野3-318-5外
開業日 1993年4月9日
閉業日 2016年2月1日
施設所有者 三越伊勢丹
※設置者 - 有限会社センショー
設計者 間組
施工者 間組乃村工藝社
延床面積 合計約7,805 m2
※A館…6,437m2
 B館…1,368m2
営業時間 10:00-19:00
後身 A館…ザ・パークハウス相模大野
B館…LOC'相模大野A(雑居ビル)
最寄駅 小田急小田原線小田急江ノ島線 相模大野駅
外部リンク 伊勢丹相模原店ホームページ(アーカイブ)
 
テンプレートを表示

伊勢丹相模原店A館・B館は、1993年(平成5年)4月9日に相模原店本館の県道51号線(行幸道路)向かいに開館した店舗である[34]。A館では主にカフェやリビング用品、B館ではリラクゼーションサロンなどを取り扱っていた。本館-A館は相模原市が設置した連絡橋「季節の橋」[12]、A館-B館は3階連絡通路で結ばれていた。

開館当初、A館は”LIVING SUPLLY”、B館は”LIVING PLUS”という愛称で呼ばれていた[35][注 9][注 10]

建物 編集

相模原市が進める「環境デザイン計画」によって、A・B館を含む相模大野駅北口周辺は「重厚でシックな石造のゾーン」を目指すように指定されており[36]、本館[注 11]とは異なる区域に指定されていた。そのため、A・B館は本館と異なりブラウン系のタイルが外壁に使われ、1階外壁も本館で使われたものより濃い色のサンドストーンなどが用いられた。

さらに相模原市は、相模大野駅北口周辺区域の民間建物に対し「建物壁面を後退させ、公開空地などオープンスペースの提供に努めるように」[12]といった誘導も行なっていたため、「秋の小路」[注 12]に面するA・B館の敷地内にはポケットパークが作られ、この道の名前の通りモミジが植えられていた[12]

閉館 編集

A・B館はともに小型店舗であったうえ、本館や駅から離れた場所に所在したため運営効率が悪く、開店初期の段階から収益性に課題があった[37]。さらに相模原店全体も1996年以降赤字が恒常化していた。A館とB館は収益回復・効率化のため、2016年(平成28年)2月1日に閉館した[38][39]

閉館後はA館・B館どちらも解体され、A館跡地には三菱地所レジデンスのマンション「ザ・パークハウス相模大野」、B館跡地には雑居ビル「LOC'相模大野A」が建てられた[40]。その際、前述のポケットパークやモミジも撤去された。


主なテナント 編集

2016年2月閉館時)

A館
6 紀伊国屋書店・伊勢丹写真室
5 家具・IDS(インテリアデザインサービス)
4 寝具・タオル・バス B館
3 キッチン用品・フォブコープ 連絡通路 ハートフルステーション
2 【本館連絡通路】プラザ・ペット用品 リラクゼーションサロン
1 園芸・婦人雑貨・カフェ ネイルサロン・特設会場
B1 駐車場[注 13] リトミック教室

シンボルマーク 編集

画像外部リンク
  伊勢丹相模原店シンボルマーク・太陽と月

伊勢丹相模原店では、「太陽と月」という独自のシンボルマークを制定していた[41] [注 14]

このマークは、伊勢丹相模原店と近隣の大学が共同で設けた学生組織「BIS CLUB」によって制作されたもので[42]相模原店公式ブログサイト(アーカイブ)、店外懸垂幕、雑誌広告[43]などに使われた。

また2015年(平成27年)には相模原店の開店25周年を記念し、このシンボルマークをモチーフに、絵本作家の米津祐介によって「ピカタン」というキャラクターが作られた[44]

相模原店ではこのシンボルマーク以外にも、太陽・月を図案化したイラストを載せたフロアガイド[45]や店外懸垂幕[46]などを用いていた[注 15]

伊勢丹相模原店を扱った作品 編集

テレビドラマ 編集

ギャラリー 編集

本館 編集

A館・B館 編集

周辺 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 相模大野駅周辺は、1959年に相模大野団地(現在のプラザシティ相模大野)が完成したのをきっかけに急激な都市化が進んで無秩序に開発されたため、1972年に相模大野駅周辺の街・道路を整理する「相模大野駅周辺土地区画整理事業」が制定・開始された。
  2. ^ 相模原市立相模大野図書館
  3. ^ グリーンホール相模大野(現在の相模女子大学グリーンホール)
  4. ^ 相模大野中央公園
  5. ^ 神奈川県立相模大野高等学校(現在は神奈川県立相模原中等教育学校
  6. ^ ロビーシティ相模大野五番街
  7. ^ ロビーファイブ
  8. ^ 「第4山の手」とは、東京都西南部や神奈川県横浜市など、1960年代に開発された住宅街のことを指す。
  9. ^ A館には[DAY BY DAY]、B館には[WEEKEND]という副題がそれぞれ付けられていた。
  10. ^ 相模原市の資料では、A館とB館は「伊勢丹アネックス」という名称が使われていたことも確認できる。(『相模原市中心市街地活性化基本計画』より)
  11. ^ 「3つの核ゾーン」
  12. ^ A館とB館の間を通る道路
  13. ^ 伊勢丹相模原店ホームページ(アーカイブ)によると、2001年には既に使用停止されていることが確認できる。
  14. ^ 「太陽と月のように、街と伊勢丹が互いに輝く関係」を図案化したデザイン
  15. ^ 太陽・月を図案化したイラストは、特に開店当初の時期によく用いられていた。

出典 編集

  1. ^ 伊勢丹元会長小菅千代市氏 功績、今も青野原(緑区)に”. タウンニュース. 2022年11月13日閲覧。
  2. ^ プラウドタワー相模大野クロス”. 2023年6月25日閲覧。
  3. ^ 伊勢丹相模原店公式ブログサイト at the Wayback Machine (archived 2016-08-27)
  4. ^ a b c 『bono相模大野 相模大野駅西側地区第一種市街地再開発事業』2014年11月
  5. ^ 伊勢丹相模原店、4000人の顔写真でシンボルマーク”. 日本経済新聞. 2023年7月16日閲覧。
  6. ^ 相模原市長、伊勢丹閉店に「時代変わった」自身が誘致担当”. カナロコ(神奈川新聞). 2022年11月13日閲覧。
  7. ^ さがみ 支部ニュース第147号”. (公社)神奈川労務安全衛生協会. 2022年11月13日閲覧。
  8. ^ 令和元年度 大野南地区まちづくりを考える懇談会結果報告”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  9. ^ 伊勢丹相模原店閉店に伴う歩行者動線の確保について”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  10. ^ 相模原市の伊勢丹跡地、野村不動産に売却”. 日本経済新聞. 2022年11月20日閲覧。
  11. ^ 相模大野駅周辺環境デザイン計画”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  12. ^ a b c d 相模原市『ロビーシティ相模大野 顔づくり事業概要』1994年3月
  13. ^ 伊勢丹相模原店が惜しまれつつ閉店、跡地開発は野村不動産が最有力、どうなる「通路問題」”. Yahoo!japanニュース. 2022年11月13日閲覧。
  14. ^ 『激流 1991年12号』内「伊勢丹VS小田急、東急百貨店――第2ラウンドを迎え加熱する町田、相模大野の代理戦争」
  15. ^ 相模原市経済部 産業観光課ほか『相模原市中心市街地活性化基本計画<相模大野地区>』2002年3月
  16. ^ 伊勢丹相模原店が惜しまれつつ閉店、跡地開発は野村不動産が最有力、どうなる「通路問題」”. Yahoo!japanニュース. 2022年11月13日閲覧。
  17. ^ 当社グループにおける店舗の営業終了についてのお知らせ”. 三越伊勢丹ホールディングス. 2022年11月13日閲覧。
  18. ^ 大規模小売店舗立地法に基づく廃止の届出”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  19. ^ 伊勢丹 来年9月閉店へ 地元は驚きと惜しむ声”. タウンニュース. 2022年11月13日閲覧。
  20. ^ 地元から惜しむ声 伊勢丹府中店が来秋閉店へ at the Wayback Machine (archived 2021-05-20)
  21. ^ 当社グループにおける店舗の営業終了についてのお知らせ”. 三越伊勢丹ホールディングス. 2022年11月13日閲覧。
  22. ^ 伊勢丹相模原店「鈴木英人の世界展」8/21-26”. 鈴木英人公式ホームページ. 2022年11月13日閲覧。
  23. ^ 伊勢丹相模原店「鈴木英人の世界展」8/21-26”. 鈴木英人公式ホームページ. 2022年11月13日閲覧。
  24. ^ 29年の歴史に幕、惜しむ客 伊勢丹相模原店が閉店”. カナロコ. 2022年11月20日閲覧。
  25. ^ 跡地の有効利用課題に 伊勢丹相模原店30日閉店”. 日本経済新聞. 2022年11月20日閲覧。
  26. ^ 29年の歴史 9月30日に幕「閉店後」にも関心高まる”. タウンニュース. 2022年11月20日閲覧。
  27. ^ 29年の歴史に幕、惜しむ客 伊勢丹相模原店が閉店”. カナロコ. 2022年11月20日閲覧。
  28. ^ 政令指定都市で唯一「百貨店」がゼロの町はどこ?”. Jタウンネット. 2023年5月27日閲覧。
  29. ^ 伊勢丹府中店・伊勢丹相模原店、2019年9月30日閉店”. 都商研ニュース. 2023年5月27日閲覧。
  30. ^ 大規模小売店舗立地法に基づく廃止の届出”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  31. ^ 相模原市の伊勢丹跡地、野村不動産に売却”. 日本経済新聞. 2022年11月20日閲覧。
  32. ^ 旧百貨店を1万5000m2も再利用してCO2削減、野村不の超高層マンション”. 日経クロステック. 2022年11月20日閲覧。
  33. ^ 伊勢丹跡地「超高層マンション」41階建てで建設へ 外壁デザインで「圧迫感」低減”. 相模原町田経済新聞. 2022年11月20日閲覧。
  34. ^ 伊勢丹相模原店ホームページ at the Wayback Machine (archived 2016-01-28)
  35. ^ 伊勢丹相模原店フロアガイド、1993年
  36. ^ 相模大野駅周辺環境デザイン計画”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  37. ^ 伊勢丹相模原店が惜しまれつつ閉店、跡地開発は野村不動産が最有力、どうなる「通路問題」”. Yahoo!japanニュース. 2022年11月13日閲覧。
  38. ^ 大規模小売店舗立地法に基づく廃止の届出”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  39. ^ 伊勢丹 来年9月閉店へ 地元は驚きと惜しむ声”. タウンニュース. 2022年11月13日閲覧。
  40. ^ 相模原市都市計画マスタープラン一部改定版(広域交流拠点編)(案)に対する意見と市の考え方”. 相模原市. 2022年11月13日閲覧。
  41. ^ 伊勢丹相模原店ブログ at the Wayback Machine (archived 2016-08-13)
  42. ^ 伊勢丹相模原店、4000人の顔写真でシンボルマーク”. 日経テレコン. 2023年7月16日閲覧。
  43. ^ 『るるぶ情報版 相模原市』(2010)背表紙 ほか
  44. ^ 伊勢丹相模原店ブログ at the Wayback Machine (archived 2016-08-13)
  45. ^ 伊勢丹相模原店フロアガイド、1991年 ほか
  46. ^ 伊勢丹相模原店が惜しまれつつ閉店、跡地開発は野村不動産が最有力、どうなる「通路問題」”. Yahoo!japanニュース. 2022年11月13日閲覧。
  47. ^ 伊勢丹相模原店が閉店 あのドラマの舞台が...”. Jタウンネット. 2023年4月23日閲覧。


関連項目 編集

外部リンク 編集