メインメニューを開く

伊勢崎市同居女性餓死事件

伊勢崎市同居女性餓死事件(いせさきしどうきょじょせいがしじけん)は、同居女性を餓死させた殺人事件である(2001年11月10日に餓死)。加害者家庭が劣悪な環境であることも話題となった。

概要編集

事件の背景編集

主犯の男は1964年生まれで、年子のと2歳年下のがいた。母親による長男(主犯の男)に対する態度は一貫したものではなく、ひどく甘やかす側面がある一方で、近所に長男の泣き声が響き渡るほどの身体的虐待も加えていた。このような不安定な環境の中、主犯の男は周囲に対して内気な態度を見せながら、自分より弱い者に対しては徹底的に痛めつけるという嗜好を育てていった。

主犯の男は普通学級では勉強についていくことは困難と判断され、特殊学級に入れられた。そこでクラスメイトとして出会ったのが、事件の被害者であった。両者とも単に勉強についていけない程度で、外見は普通学級の生徒と変わらなかった。しかし主犯の男は真面目に学校に通っていたわけではなかった。

やがて、彼は家庭内暴力を振るうようになり、姉や母親の悲鳴が近所に響き渡った。主犯の男が思春期に差しかかる頃になると、姉の悲鳴は何かを拒否するようなものに変わった(週刊誌などでは近親姦が行われていたのではないかと疑われた)。

さらに、主犯の男は自分が借りた金を払えないため、姉の身体を身代わりとして少年たちに姉を性暴行させた。両親はその間、庭に佇んでいたという。姉は精神を患い、精神病院へ入院する。この後、姉の障害者手帳が一家の収入源の1つとなった(父親はアルバイトに従事していた)。

主犯の男は定職に就かないまま2回結婚し、被害者を含め4人の女性と同居していた。主犯の男は他の3人の女性に対しても日常的に暴行を行い、食事を与えないなどの虐待を行っていた。また、最初の妻との間に長女を儲けていたが、学校にはほとんど通わせていなかった。

2ちゃんねるなど、主にネット上では主犯の男の生育環境や周囲の環境を疑問視する意見があったが、一家は最終的に事件現場となった伊勢崎市の借家に事件前に引っ越してきており、新興住宅街の借家住まいということもあってか近隣住民との付き合いもあまりなく、周囲は事件発覚で初めてこの一家の異変に気付いた模様である。

餓死事件編集

1993年
被害者は加害者に呼び出され、最初の家出をした(この時は被害者の両親と夫の手で連れ戻された)。
1996年
加害者の両親と姉が、それまで住んでいた群馬県太田市から、後に事件現場となる同県伊勢崎市内の借家へ逃げるように引越し、ひっそりと暮らしはじめる。
1998年
被害者は2度目の家出をし、主犯の男と伊勢崎市にて同居するようになる。主犯の男と姉を中心にして、この後激しく被害者に対し暴力を振るい、食事をほとんど与えなくなっていく。
  • 母親と姉にとっては、主犯の男が彼女に暴力を振るうことで、自分達に暴力が振るわれなくなることに安堵していた側面もある。彼女らは鬱憤晴らしで暴力を振るっていた。
また、家出の直後に被害者の父母が太田市の加害者宅を訪れているが、その数日前に加害者と被害者は伊勢崎の家へ移動していた。
2001年
8月頃
この頃から、被害女性は1人で歩けない状態が始まり、一家は「死亡してもやむをえない」と判断する。
11月
彼女はひどく衰弱した状態となった。主犯の男の父親は仕事を休んで被害者の様子を観察しており、いつか力尽きて死ぬのを、ただ眺め続けていた。この頃、主犯の男は気まぐれで食べ残しの飯を彼女に与えようとしたことがあった。だが、受け取ろうとした彼女の手を姉が叩き、米粒は床に落ちた。拾って食べようとしても、彼女はそれすら喉に通らないほど衰弱しきっていた。
11月10日
被害女性が餓死する。
11月12日
夕方、伊勢崎市消防本部に、主犯の男が119番通報する。この時の主犯の男の声は落ち着いたものであったという。救急隊員が現場に駆けつけてみたところ、女性の遺体は仰向けに寝かされ、毛布がかけられていた。司法解剖では、彼女は身長158センチに対し26キロの体重しかなかった。
2002年
2月13日午前
未必の故意」として、殺人容疑で主犯の男、父親、姉を逮捕(後に母親も逮捕された)。
3月6日
4人を殺人罪前橋地裁起訴する。
10月15日
内縁の夫(主犯の男)に懲役13年、姉と母親に懲役10年を求刑(この時点で、父親の公判は分離された)。
11月25日
午後3時に前橋地裁で判決。主犯の男は懲役12年、姉と母親は懲役8年の実刑判決を受けた。

関連項目編集