伊勢 貞良(いせ さだよし)は、戦国時代武将室町幕府幕臣。

 
伊勢貞良
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 永禄5年9月11日1562年10月8日
改名 小法師、十郎
戒名 紹良賢叟建光院
官位 兵庫頭
幕府 室町幕府
主君 義輝
氏族 伊勢氏
父母 父:伊勢貞孝
斎藤道三の娘
貞為貞興池田元助正室
テンプレートを表示

生涯編集

伊勢氏は代々、室町幕府政所執事を務め、幕府の財政管理と訴訟を担う家系であった。

しかし、永禄5年(1562年)3月に六角義賢が京都に侵攻した時に(将軍地蔵山の戦い)、父の貞孝はそのまま政務を行ったことが足利義輝三好長慶の怒りを買い、6月に義輝・長慶が京都を奪回すると貞孝は更迭された。貞孝は京都船岡山で挙兵したが敗れ、同年9月11日、貞良は父の貞孝と共に戦死した[1]

貞良の子の貞為貞興は幼年であったため家臣と共に若狭武田氏を頼り小浜城に逃れた[1]

脚注編集

  1. ^ a b 『寛政重脩諸家譜』

参考文献編集

関連項目編集