伊原剛志

日本の俳優、実業家

伊原 剛志(いはら つよし、本名;伊原 剛〈読み同じ〉、1963年11月6日 - )は、日本俳優ケイダッシュ所属を経て、個人事務所「IHARAオフィス」で活動[3]

いはら つよし
伊原 剛志
伊原 剛志
第28回東京国際映画祭に出席する伊原剛志(2015年)
本名 伊原 剛[1][注 1]
生年月日 (1963-11-06) 1963年11月6日(56歳)
出生地 福岡県北九州市
国籍 日本の旗 日本
身長 184cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1982年 -
配偶者 相築あきこ(1990年 - 2000年)
伊原純子(2001年 - )
事務所 IHARAオフィス
主な作品
テレビドラマ
ふたりっ子
こちら本池上署』シリーズ
新選組!
はつ恋
花子とアン
映画
ガメラ 大怪獣空中決戦
半落ち
硫黄島からの手紙
BRAVE HEARTS 海猿
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1963年11月6日、福岡県北九州市に生まれる[4]。当時の名前は尹惟久(ユン・ユグ)[5][6]。4歳の頃、大阪府大阪市生野区へ移り住む[7]大阪府立今宮高等学校卒業[8]

元々は教師を目指していたが「(公立)小中高の学校教師は日本国籍をもつ者のみがなれる」という国籍条項があると知り、断念[9]。1982年、ジャパンアクションクラブに入団[7]。1983年、舞台『真夜中のパーティ』で俳優デビュー[4]。1984年、『コータローまかりとおる!』で映画初出演を果たす[4]

1990年相築あきこと結婚(2000年に離婚)。

1992年、お好み焼き屋「ぼちぼち」を開業[8][注 2]

1996年の『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得る[10]

2001年、一般女性と再婚[4]。同年にテレビ朝日『徹子の部屋』に出演した際、帰化した在日韓国人三世だと公表した[11]。2005年、朝鮮風すきやき屋「韓すき」を開店する[8](2008年に閉店)。2006年の映画『硫黄島からの手紙』では西竹一を演じた[12][13]

2012年にはブラジル映画『汚れた心』での演技により、第15回プンタデルエステ国際映画祭の主演男優賞を受賞する[14][15]

2014年4月期、『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続テレビドラマに初主演[16]

2015年、「COTTON USA AWARD 2015」を受賞[17]

2016年、桂雀々に弟子入り。雀々や剛々の高座名で落語家デビューした[18]

2020年1月20日、前年末に所属事務所・ケイダッシュとの契約を終了し、個人事務所「IHARAオフィス」を設立したことを発表[3]。2月4日、YouTubeに公式チャンネル「IHARA Channel」を開設。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

ビデオ用作品編集

舞台編集

ドキュメンタリー編集

  • アクションスターはこうして作る!! -汗と涙の特訓合宿- (1985年、日本テレビ)

その他編集

CM編集

  • ハウス『特選本香り 生わさび』
  • コカ・コーラ『I Feel Coke』(1987年)
  • UCC 『THE COFFEE』(1989年)
  • 花王クリアクリーン』(1990年、新発売時)
  • ANA 『チェックインカウンター篇』『機内篇』
  • 月桂冠 『すべて米の酒』 (2006年9月 - )
  • トヨタ自動車ヴァンガード』(2007年-2010年)
  • 興和 『コルゲンコーワIB透明カプセル』(2007年)
  • 興和『コルゲンコーワ鼻炎ソフトミニカプセル』(2008年)
  • 牛角『トーク編』(2009年11月24日 - )

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 本名に「志」の一字を付け加えた芸名は、彼が高校在学中にアルバイトしていた居酒屋の経営者によってつけられたものである[2]
  2. ^ 「ぼちぼち」は、のちに「ごっつい」へと改名。

出典編集

  1. ^ “伊原剛志&常盤貴子 日系夫婦役で海外映画主演”. Sponichi Annex. (2011年8月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/18/kiji/K20110818001431780.html 2015年2月24日閲覧。 
  2. ^ 小川健 (2007年10月18日). “ぴいぷる - 伊原剛志 - 志をもって極める”. ZAKZAK. http://www.zakzak.co.jp/people/archive/20071018.html 2015年2月24日閲覧。 
  3. ^ a b “伊原剛志、昨年末にケイダッシュから独立 個人事務所「IHARAオフィス」設立”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2153530/full/ 2020年1月20日閲覧。 
  4. ^ a b c d “【伊原剛志】年商100億円のお好み焼きチェーン経営! これも役者のため”. ZAKZAK. (2012年7月20日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20120720/peo1207200734000-n1.htm 2015年2月24日閲覧。 
  5. ^ 朴一 2011, p. 181
  6. ^ 伊原剛志『志して候う』アメーバブックス、2006年、61頁。ISBN 4-344-990226
  7. ^ a b 俳優 伊原剛志さん”. 30ans. トランタンネットワーク新聞社 (2003年). 2015年2月24日閲覧。
  8. ^ a b c 第4回 株式会社アイチーム・アイテム代表 俳優 伊原剛志 (1/5)”. ドリームゲート. 2015年2月24日閲覧。
  9. ^ 朴一 2011, p. 183
  10. ^ インタビュー 伊原剛志 (俳優) - 映画『A LITTLE STEP』について”. INTRO (2009年10月17日). 2015年2月24日閲覧。
  11. ^ 朴一 2011, p. 180
  12. ^ 「硫黄島からの手紙」バロン西役 - 伊原剛志インタビュー (1/2)”. 映画.com (2006年12月15日). 2015年2月24日閲覧。
  13. ^ 「硫黄島からの手紙」バロン西役 - 伊原剛志インタビュー (2/2)”. 映画.com (2006年12月15日). 2015年2月24日閲覧。
  14. ^ 伊原剛志、「プンタデルエステ国際映画祭」で日本人初の主演男優賞”. モデルプレス (2012年3月23日). 2015年2月21日閲覧。
  15. ^ 伊原剛志、主演のブラジル映画で主演男優賞もいまだトロフィ届かず苦笑い”. 映画.com (2012年7月21日). 2015年2月24日閲覧。
  16. ^ “高橋秀武「トクボウ」TVドラマ化 主人公の警視は伊原剛志”. コミックナタリー. (2014年2月21日). http://natalie.mu/comic/news/110306 2014年2月21日閲覧。 
  17. ^ 藤本美貴:7月末に出産控え体重10キロ増 第2子は「女の子の可能性高い」”. まんたんウェブ (2015年5月14日). 2015年5月14日閲覧。
  18. ^ “伊原剛志が落語家デビュー 高座名は「雀々や剛々」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年12月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/04/kiji/K20161204013844980.html 2016年12月4日閲覧。 
  19. ^ 番組エピソード 愛の形はさまざま!『恋愛ドラマ特集』-NHKアーカイブス
  20. ^ “日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの”. WOWOWオンライン (WOWOW). http://www.wowow.co.jp/dramaw/kakkou/ 2016年1月23日閲覧。 
  21. ^ “伊原剛志、宿ナシ無一文だけど食の天才 ゴールデンタイムの連ドラ初主演”. ORICON STYLE. (2016年6月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2072764/full/ 2016年6月3日閲覧。 
  22. ^ “長谷川博己、推理サスペンス初主演 作者・法月綸太郎氏も太鼓判”. ORICON STYLE. (2016年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2077695/full/ 2016年9月1日閲覧。 

参考文献編集

外部リンク編集