伊原 吉之助(いはら きちのすけ、1930年3月17日[1] - )は、昭和平成台湾問題学者、比較近代史学者。

経歴編集

大阪府堺市生まれ[1]。大阪府立堺中学校[1](現在の大阪府立三国丘高等学校)、大阪市立都島工業専門学校電気科[1](現在の大阪市立大学工学部)を経て、1950年、神戸大学経済学部入学。1959年、神戸大学大学院経済学研究科修了[1]

大学院修了後、龍谷大学経済学部講師[1]を経て、1964年帝塚山大学教養学部助教授[1]。1971年、同教授[1]。2000年、定年退職し名誉教授[1]

著書編集

単著編集

  • 『ベンサムの功利主義体系――その基礎構造の解明』龍谷学会、1960年

編著編集

  • 『台湾の政治改革年表・覚書(李登輝時代)』帝塚山大学論集、1990年
    • その後、対象年度ごとの同名の書を度々出している。2004年からは交流協会からの出版となっている。総計15冊。

共著編集

  • 経済社会学年報編集委員会編『ソ連邦崩壊の衝撃』経済社会学会、1992年
  • 岡本幸治編『現代中国の変動と課題』多賀出版、1996年
  • 『運命の十年――柳条湖から真珠湾へ』産経新聞ニュースサービス、2002年
  • 関西日中関係学会編『中国の近代化』桜美林大学北東アジア総合研究所、2012年
  • 関西日中関係学会編『勃興するアジアと日中関係』桜美林大学北東アジア総合研究所、2013年
  • 関西日中関係学会編『現代中国の諸問題と日中関係』桜美林大学北東アジア総合研究所、2014年

共編著編集

  • 『極東・アジアの政治と経済』泰流社、1987年

訳著編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 伊原吉之助教授の読書室:伊原吉之助経歴・プロフィール

関連項目編集

外部リンク編集