メインメニューを開く

伊原 徳(いはら とく、1930年3月27日 - )は、日本の元俳優である[1][2]

いはら とく
伊原 徳
生年月日 (1930-03-27) 1930年3月27日(89歳)
出生地 日本の旗 日本 広島県広島市
ジャンル俳優
活動期間 1947年 - 1971年
活動内容 劇映画時代劇現代劇特撮映画)、テレビドラマ
主な作品
大怪獣バラン
フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

目次

人物・来歴編集

1930年(昭和5年)3月27日広島県広島市に生まれる[1][2]国立音楽学校卒業[1]

三及社(灰田兄弟事務所)を経て、1947年(昭和22年)に新東宝(現在の国際放映)へ入社[1][2]。その後、1950年(昭和25年)には東宝の専属俳優となる[1][2]

1954年(昭和29年)に公開された黒澤明監督映画『七人の侍』で映画デビュー[1][2]。以後、サラリーマンもの、東宝特撮、時代劇等ジャンルを問わず数多くの映画に出演したが、あまり目立たない役が多く、名前がクレジットされることもほとんどなかった。

1971年(昭和46年)以降、映画出演の記録がないが、同年の俳優専属システム崩壊時に引退したものと思われる。以後の消息は不明である。

主な出演作品編集

映画編集

テレビ編集

  • ウルトラQ (1966年)
    • 第12話「鳥を見た」:動物園飼育係 ※ノンクレジット
    • 第17話「1/8計画」:1/8計画応募者 ※ノンクレジット
  • 快獣ブースカ 第32話「すてきな快獣の日」(1967年):八百屋の親父
  • 帰ってきたウルトラマン 第20話「怪獣は宇宙の流れ星」(1971年):地球防衛庁参謀 ※ノンクレジット

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『東宝特撮映画全史』東宝株式会社、1983年、527頁。
  2. ^ a b c d e 『モスラ映画大全』洋泉社(洋泉社MOOK)、2011年、11頁。