メインメニューを開く

伊原 昭(いはら あき、1917年10月24日-2018年5月20日)は、国文学者、梅光女学院大学名誉教授。本名・昭子。

鎌倉市生まれ。東京女子大学卒業、日本大学法文学部国文科卒、同大学院文学研究科修了。1970年「平安朝文学の色相」で日大文学博士国立国会図書館主査、和洋女子大学助教授、教授、1977年梅光女学院大学教授、1988年定年退任、名誉教授。

1975年『日本文学色彩用語集成 中世』で風俗史学会第一回「野口眞造記念染色研究奨励金」受賞、1977年『日本文学色彩用語集成 中古』で風俗史学会第六回「江馬賞」受賞。2007年エイボン女性年度賞受賞。古典文学における色彩について研究してきた[1]

2018年5月20日、老衰のため死去。100歳没[2]

著書編集

  • 『色彩と文学 古典和歌をしらべて』桜楓社出版 1959
  • 『万葉の色相』塙選書 1964
  • 『平安朝文学の色相 特に散文作品について』笠間書院 1967
  • 『古典における色彩と文芸美』笠間書院 笠間叢書 1971
  • 『日本文学色彩用語集成 中世』笠間書院 1975
  • 『日本文学色彩用語集成 中古』笠間書院 1977
  • 『古典文学における色彩 色彩用語解説付』笠間書院 1979
  • 『日本文学色彩用語集成 上代 1』笠間書院 1980
  • 『平安朝の文学と色彩』中公新書 1982
  • 『日本文学色彩用語集成 上代 2』笠間書院 1986
  • 『万葉の色 その背景をさぐる』笠間書院 笠間叢書 1989
  • 『文学にみる日本の色』朝日選書 1994
  • 『王朝の色と美』笠間書院 笠間叢書 1999
  • 『日本文学色彩用語集成 近世』笠間書院 2006
  • 『色へのことばをのこしたい』笠間書院 2011
  • 源氏物語の色 いろなきものの世界へ』笠間書院 2014

論文編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 伊原昭先生が永眠いたしました”. 笠間書院HP (2018年5月22日). 2018年5月23日閲覧。