メインメニューを開く

伊号第四十潜水艦

日本の一等潜水艦
艦歴
計画 昭和17年度計画(マル急計画
起工 1942年3月18日
進水 1942年11月10日
就役 1943年7月31日
その後 1944年2月21日亡失認定
除籍 1944年4月30日
性能諸元
排水量 基準:2,230トン 常備:2,624トン
水中:3,700トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.20m
機関 艦本式1号甲10型ディーゼル2基2軸
水上:11,000馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.5kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油
乗員 94名[1]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

伊号第四十潜水艦(いごうだいよんじゅうせんすいかん、旧字体:伊號第四十潜水艦)は、大日本帝国海軍が用いた伊四十型潜水艦(巡潜乙型改一)の1番艦。ただし、艦艇類別等級別表においては伊十五型潜水艦の21番艦[2]

目次

艦歴編集

1941年昭和16年)の昭和17年度計画(マル急計画)により、呉海軍工廠1942年3月18日起工。8月20日には横須賀鎮守府籍となり、[3]、艦艇類別等級別表に記載された[2]1942年11月10日進水、1943年7月31日に竣工した。訓練部隊の第一艦隊第11潜水戦隊に編入され、訓練に従事。

10月31日、伊40は第2潜水隊へ配属[4]

11月13日、伊40は横須賀を出港し、トラック島に向かう。11月19日にトラックに到着し、補給を受けた後の11月22日マキン島方面へ向かうべくトラック島を出港していくのを最後に消息不明となる。

アメリカ軍に撃沈の記録がないため、事故による沈没の可能性もある。艦長の渡辺勝次少佐以下乗員97名全員行方不明(戦死認定)。

1944年(昭和19年)2月21日ギルバート諸島方面で沈没と認定され、4月30日に除籍された。

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』413頁による。

艤装員長編集

  1. 不詳

艦長編集

  1. 渡辺勝次 少佐:1943年7月31日 - 1944年2月21日

脚注編集

  1. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  2. ^ a b 昭和17年8月20日 海軍内令 第1554号。『昭和17年7月~9月 内令 3巻(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070164600 
  3. ^ 昭和17年8月20日 海軍内令 第1548号。『昭和17年7月~9月 内令 3巻(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070164600 
  4. ^ 昭和18年10月31日 海軍内令 第2246号。『昭和18年9月~12月 内令(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070189500 

参考文献編集