メインメニューを開く
1948年

伊吹 武彦(いぶき たけひこ、1901年1月27日 - 1982年10月12日)は、日本のフランス文学者京都大学名誉教授。

人物編集

大阪府生まれ。東京帝国大学文学部仏文科卒。第三高等学校教授、京都帝国大学講師、50年京都大学文学部仏文科教授、1964年に定年退官、関西学院大学教授を務めた。戦後まもなくは、文芸誌『世界文学』を編集し、近現代フランス文学を紹介した。

ラクロフローベールアナトール・フランスプルーストサルトルなどを訳し、生島遼一桑原武夫とともに京大フランス学を形成した。後年は『仏和大辞典』の編纂にも尽力した。

京都市パリ姉妹都市の結成など日仏文化交流に貢献し、1961年レジオンドヌール勲章を受けた[1]

著書編集

  • 『近代仏蘭西文学の展望』白水社 1936
  • 『人間像を索めて フランス文学覚書』カホリ書房 1948
  • 『サルトル論』世界文学社 1949
  • 『ベレー横町』中外書房 1958
  • 『仏和大辞典』(編)白水社 1981

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ). “伊吹武彦”. コトバンク. 2017年12月11日閲覧。