伊央里 直加(いおり なおか、1970年昭和45年〉5月9日[1] - )は元宝塚歌劇団男役スター、元女優。旧芸名は、伊織 直加(読みは同じ)[1]国立大阪教育大学附属天王寺中学校附属高等学校天王寺校舎出身(附中37期・附高31期生[2])。

いおり なおか
伊央里直加
別名義 ナオ(愛称)
伊織直加 (旧芸名、よみ同じ)
生年月日 (1970-05-09) 1970年5月9日(50歳)
出生地 日本の旗大阪府和泉市
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 1989年 - 2011年
配偶者 あり
主な作品
舞台
しあわせのつぼ
テンプレートを表示

略歴編集

大阪府和泉市出身[1]。小学校高学年からバレエを、中学時代からジャズダンスを習っていた。附属高校1年修了時、ミュージカルダンサーを志し一般のオーディション感覚で宝塚音楽学校を受験した[2]

1989年平成元年)、宝塚歌劇団に首席入団。第75期生、同期は元星組トップスターの湖月わたる、元月組副組長の嘉月絵理、振付家のAYAKO(当時は宝樹彩)、現専科美穂圭子など。この当時の芸名は伊織直加(読みは同じ)。若手スターの激戦区だった花組に配属された。

年譜編集

宝塚時代の主な舞台編集

花組時代編集

  • 1990年9月、『秋…冬への前奏曲』新人公演:カレル(本役:香寿たつき)/『ザ・ショーケース』
  • 1991年1月、『春の風を君に…』新人公演:毛鼠(本役:真琴つばさ)/『ザ・フラッシュ』
  • 1991年2月、『小さな花がひらいた』(バウ・東京特別)又
  • 1991年6月、『ヴェネチアの紋章』新人公演:エンリコ(本役:夏城令)/『ジャンクション24』
  • 1991年8月、『ディーン』(バウ・東京特別)サル・ミネオ
  • 1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』新人公演:パオロ(本役:真琴つばさ)
  • 1992年4月、『小さな花がひらいた』又/『ジャンクション24』(全国ツアー)
  • 1992年8月、『心の旅路』新人公演:リチャード(本役:愛華みれ)/『ファンシー・タッチ』
  • 1992年10月、『フラワー・ドラム・ソング』(バウ)ワン・サン
  • 1993年2月、『メランコリック・ジゴロ』新人公演:ロジェ(本役:宝樹芽里)/『ラ・ノーバ』
  • 1993年4月、『ル・グラン・モーヌ -失われし日々-』(バウ)フランツ
  • 1993年8月、『ベイ・シティ・ブルース』新人公演:ファルコ(本役:紫吹淳)/『イッツ・ア・ラブストーリー』
  • 1994年2月、『サラン・愛 -ムグンファの花に包まれて-』(バウ)柳君正
  • 1994年3月、『ブラック・ジャック 危険な賭け』新人公演:ケイン(本役:真矢みき)/『火の鳥
  • 1994年7月、『花幻抄』/『扉のこちら』/『ミリオン・ドリームズ』(ロンドン)
  • 1994年8月、『ライド・オン』(バウ)
  • 1994年9月、『冬の嵐、ペテルブルグに死す』新人公演:アンドレ・エレツキーイ伯爵(本役:真矢みき)/『ハイパー・ステージ!』
  • 1995年1月、『哀しみのコルドバ』マリオ、新人公演(東宝):リカルド・ロメロ(本役:真矢みき)[注釈 1]/『メガ・ヴィジョン -はてしなき幻想-』
  • 1995年6月、『エデンの東』新人公演:キャル(本役:真矢みき)/『ダンディズム!』 *新人公演初主演
  • 1995年9月、『チャンピオン! -蘇る伝説-』(バウ・東京特別)フリオ・ディアス
  • 1996年1月、『花は花なり』/『ハイペリオン』タナトス 他、新人公演:ハオペリオン/ドラキュラ他(本役:真矢みき) *新人公演主演
  • 1996年6月、『ハウ・トゥー・サクシード -努力しないで出世する方法-』タッカベリ
  • 1996年9月、『エデンの東』リー/『ダンディズム!』(全国ツアー)
  • 1996年12月、『香港夜想曲』(バウ)トニー
  • 1997年2月、『失われた楽園 -ハリウッド・バビロン-』マイク・テイラー/『サザンクロス・レビュー』
  • 1997年4月、『君に恋してラビリンス!』(バウ)オービット
  • 1997年8月、『ザッツ・レビュー』(大劇場公演のみ)嵐梅之輔
  • 1997年10月、『白い朝』(バウ)さぶ
  • 1998年5月、『SPEAKEASY -風の街の純情な悪党たち-』チャールズ・ランディ/『スナイパー -恋の狙撃者-』
  • 1998年10月、『Endless Love -永遠の愛-』(バウ・名古屋特別・東京特別)バシーム/マーク *バウホール公演初主演
  • 1999年1月、『夜明けの序曲』櫛引弓人
  • 1999年8月、『タンゴ・アルゼンチーノ』ジャン/『ザ・レビュー 99』
  • 2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』柏木/『ザ・ビューティーズ!』
  • 2000年11月、『〜愛と孤独の果てに〜 ルードヴィヒII世』ディルクハイム伯爵/『Asian Sunrise』

専科時代編集

  • 2001年8月、『大海賊 -復讐のカリブ海-』キッド/『ジャズマニア』(月組)
  • 2001年11月、『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-』アントニオ (宙組)
  • 2002年10月、『Switch -75thコラボレーション-』(バウ)
  • 2003年2月、『傭兵ピエール』トマ/『満天星大夜總会』(宙組) *退団公演[3]

宝塚退団後の主な活動編集

舞台編集

2003年 
「キスミー. ケイト」東宝ミュージカル(大阪梅田コマ劇場)[3]
「砂の戦士たち」(サンシャイン劇場)
「ラブ・レターズ」(パルコ劇場)
2004年
「Shocking Shock」(帝国劇場)
「浅間」(サンシャイン劇場)
「喝采」(帝国劇場)
レ・ミエンレビュー「MY MIRAGE II」(東京厚生年金会館)
2005年
「おんなたちの同窓会」(名鉄ホール)
「最悪な人生のためのガイドブック」(パルコ劇場・シアター・ドラマシティ)
「夏の夜のロミオとジュリエット」(天王洲アートスフィア)
2006年
「しあわせのつぼ」(東京・大阪・愛知・新潟・福岡)
2007年
「阿国」(東京・新橋演舞場、京都・京都南座)
「ドリームボーイ」代役出演 (東京・帝国劇場)
2008年
「ドリームボーイ」出演 (大阪・梅田芸術劇場メインホール)
「Welcome to Jubilee V〜Special Dream〜」(築地本願寺ブディストホール、大阪住吉区民センター大ホール)
2010年
「Welcome to Jubilee V II〜Special Moment〜」(築地本願寺ブディストホール)
「Welcome to Jubilee V III〜Special Moment〜」(築地本願寺ブディストホール)
2011年
「Welcome to Jubilee IX〜Legend of Dream〜」(築地本願寺ブディストホール)
「gratitude〜Endless Love〜」(吉祥寺・前進座劇場)

テレビ編集

バックダンサー(伊央里直加貴城けい初風緑風花舞星奈優里蘭香レア

その他編集

  • 名古屋星が丘三越『あさきゆめみし展』において、伊央里直加トークショー(2006年1月4日)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1995年1月15日に発生した阪神淡路大震災により、新人公演は東京宝塚劇場公演のみとなった。

外部リンク編集