伊奈かっぺい・旅の空うわの空

伊奈かっぺい・旅の空うわの空(いなかっぺい・たびのそらうわのそら)は、伊奈かっぺいがパーソナリティを務める、青森放送のラジオ番組。1996年10月にスタートした。なお、1988年ごろにも同名のタイトルのラジオ番組があり、実質復活番組[要出典]となっている。

伊奈かっぺい・旅の空うわの空
ジャンル トーク番組
放送方式 生放送
放送期間 1996年10月 -
放送時間 月曜19:00 - 20:30(プロ野球ナイター中継シーズン)
月曜20:00 - 21:30(プロ野球ナイター中継オフシーズン)(JST)
放送局 青森放送
パーソナリティ 伊奈かっぺい
プロデューサー 山本鷹賀春
ディレクター 是川茉耶
提供 青森トヨタ
公式サイト 公式サイト
特記事項:
2012年4月23日の放送にて800回を迎える[1]。1996年10月以前の放送分は含まず。
テンプレートを表示

概要編集

基本的に生放送だが、伊奈が他県でコンサート等をする時は録音の場合もある。

番組の内容は伊奈の見た事や感じたことを紹介していくというもので、電話やFAXや手紙も受け付ける(冒頭部分の電話番号、FAX番号の紹介は伊藤多喜雄が歌っている)。また、リスナーからのFAXや手紙の内容から、伊奈が話題を広げることもある。

ナイターとの関係編集

  • 年度上半期のプロ野球ナイター中継シーズンの放送時間は19:00〜20:30、年度下半期のプロ野球ナイター中継オフシーズンの放送時間は20:00〜21:30[2]。これは上半期の19:00〜20:00にニッポン放送制作のNRN番組[3]をネット受けするため[要出典]。半期毎に放送時間を移動させる同局ラジオ番組は、他に『まるごと歌謡曲!』『あいうえラジお』(ナイター中継シーズンは当番組の後枠で放送)がある。
  • プロ野球ナイター中継オフシーズンは1999年度までは後藤美穂子アナウンサーが21時に登場し、「9時のニュース」として世界の面白いニュースを紹介し、伊奈がコメントをしていた。2000年度よりしばらくは、21:00の東奥日報ニュースを内包し、ニュースを担当したアナウンサーも引き続き出演する場合があった。現在は通年で放送開始1時間後[4]に、アシスタントのアナウンサーが登場し、世界の面白ニュースを数本読む体制に落ち着いている。

出演者編集

パーソナリティ編集

アシスタント(番組開始1時間後からの出演)編集

現在

過去

スタッフ編集

プロデューサー編集

  • 山本鷹賀春(制作局ラジオ制作部長、2018年4月2日 - )

ディレクター編集

過去編集

  • 渡辺英彦[1](当時のラジオ局ラジオ制作部長、 -2018年3月26日)

歴史編集

  • 1998年頃にかっぺいが北海道から青森へ向かう列車の立往生により間に合わず、辻拓哉アナウンサーが代役をつとめ、過去に放送された物を流して対応した。かっぺいは電話出演。
  • 2003年11月、伊奈が病に倒れたため、野坂真理けんずろう伊東幸子らのアナウンサーが代役を務めた。伊奈はその後復帰したが、体調を考慮して段階的に出演時間を延ばしていき、完全復帰までは伊奈の出演する部分は録音で放送されていた。
  • 2012年4月23日に放送800回記念として『ノンフィクション?フィクション! 時空を超える旅 縄文の声が聞こえる』と題した生ラジオドラマを実施。同年の日本民間放送連盟賞・ラジオエンターテインメント部門で優秀賞に選ばれた[1]
  • テーマ曲は、1996年10月の初回の放送でオープニング、エンディングともに伊奈が選んだそれぞれ3曲の候補からリスナー投票で決定した[要出典]
  • 以前、東奥日報夕刊にかっぺいが「旅の空うわの空」と題して連載をしていたこともあった。

外部リンク編集

番組ホームページ

注釈・出典編集

  1. ^ a b c 日本民間放送連盟賞/2012年(平成24年)表彰番組・事績”. 一般社団法人日本民間放送連盟. 2014年9月18日閲覧。
  2. ^ 2001年度までは20:00〜22:00で放送されていたほか、1999年までのナイターオフシーズンは木曜20:00-22:00(1998年度のみ21:50まで)で放送していた。
  3. ^ プロ野球ナイター中継シーズンは『キニナル』(文化放送制作、日曜18:05〜19:00)が該当していた。
  4. ^ 上半期は20時、下半期は21時