伊屠於閭鞮単于(いとおりょていぜんう、拼音Yītúwūlǘdīchányú, ? - 88年)は、中国後漢時代の南匈奴単于伊伐於慮鞮単于の子。伊屠於閭鞮単于というのは称号で、姓は虚連題氏、名はという。

生涯編集

伊伐於慮鞮単于の子として生まれる。

元和2年(85年)、湖邪尸逐侯鞮単于薨去すると、宣が伊屠於閭鞮単于として即位した。この年、単于宣は千余人の兵を遣わして猟をし、涿邪山に至ったところで、北匈奴温禺犢王と遭遇した。そこで戦闘になり、温禺犢王の首を取って還った。漢の朝廷はこの功績をはかり賞を受けさせた。そこでまた単于宣は薁鞬日逐王の師子(亭独尸逐侯鞮単于)に命じて軽騎数千を率いて長城を出て北匈奴を急襲させ、千人を斬首または捕虜とした。北匈奴の民衆は、南匈奴が漢に厚遇されていると聞くと、年に数千人ずつ来降するようになった。

章和元年(87年)、鮮卑が北匈奴の左地(東部)に入って北匈奴を撃って大破させ、優留単于を斬り、匈奴の皮を取って還った。北匈奴の単于庭(本拠地)は大いに乱れ、屈蘭・儲卑・胡都須ら58部の20万人、精兵8千人が雲中郡五原郡朔方郡北地郡に来降した。

章和2年(88年)に薨去し、従弟の屯屠何(休蘭尸逐侯鞮単于)が立った。

参考資料編集