伊庭 秀業(いば ひでなり、文化7年(1810年) - 安政5年8月13日1858年9月19日))は、江戸時代末期(幕末)の剣客。本姓は三橋銅四郎。通称は軍兵衛常同子

生涯編集

幕臣三橋家の次男・銅四郎として、文化7年(1810年)に生まれる[1]。文化6年(1809年)[2]、文化8年(1811年)生誕の文献もある[1]

心形刀流7代・伊庭秀淵の養子となり[2]、8代目を継いで中興の祖といわれた。華美奢侈の風を排した古風な厳格さが江戸幕府老中水野忠邦の目に止まり、天保の幕政改革の際に幕府に取り立てられ、留守居与力の役職に就いた[3]。忠邦の推挙で御書院番士となったが、忠邦の失脚とともに辞職。以後は江戸下谷和泉橋通(現・台東区上野5丁目)の道場「練武館」の経営に精を出し、門弟1000余人を抱え[3]、「幕末江戸四大道場」と並び称された。実子に伊庭八郎伊庭想太郎がいる。門人に坪内主馬など。もっとも技術の高かった門弟の塀和惣太郎を後継として養子にし、伊庭秀俊を名乗らせて家督を譲る[2]

安政5年(1858年)、死去[2]。死因はコレラであったという[2]

東京都中野区沼袋貞源寺に伊庭秀業の墓がある[2]

脚注編集

  1. ^ a b 清水 2010, p. 196
  2. ^ a b c d e f 全国版幕末維新人物事典 2010, p. 339
  3. ^ a b 東京農大ものがたり 伊庭想太郎編(2)秋岡伸彦、東京農業大学、『新・実学ジャーナル』82号、2011年

参考文献編集

  • 清水昇 『幕末維新剣客列伝』 学研パブリッシング、2010年。ISBN 9784054043909http://books.google.com/books?id=6iESARh9Ll4C 
  • 歴史群像編集部編 『全国版幕末維新人物事典』 学研パブリッシング、2010年。ISBN 9784054044630http://books.google.com/books?id=m3SLUHjNgSsC 

外部リンク編集