伊東たけし(本名:伊東毅[要出典](いとう たけし、1954年3月15日 - [3])は、福岡県福岡市出身[3]日本フュージョンミュージシャンサキソフォーンウインドシンセサイザーフルートプレイヤーである。血液型O型[要出典]プレイ・スタイル、サウンドはデイヴィッド・サンボーンから影響を受けている[要出典]

伊東たけし
出生名 伊東毅[要出典]
生誕 (1954-03-15) 1954年3月15日(63歳)[1]
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市
学歴 日本大学藝術学部
ジャンル フュージョン[2]
職業 ミュージシャン
担当楽器 サキソフォーン
ウインドシンセサイザー
フルート
活動期間 1976年 -
共同作業者 T-SQUARE
公式サイト T-SQUAREオフィシャルサイト

目次

プロフィール編集

子供の頃から音楽に関心を持ち、ピアノヴァイオリンを習う。福岡市立百道中学時代にブラスバンドに入り、ユーフォニアムチューバを担当。西南学院高等学校に入学してフルートに転向したが、渡辺貞夫の自伝『ぼく自身のためのジャズ』を読みさらにアルトサックスに転向。

日本大学藝術学部に入学して「リズム・ソサエティ・オーケストラ」に所属[4]し、それと並行して「ウィッチハント」と「ラストデイ」という2つのバンドに籍を置く。ウィッチハントのドラマー(マイケル河合)が安藤正容率いるTHE SQUARE(後のT-SQUARE)を兼任していたこともあり、ゲスト出演し、ウィッチハントの解散後[要出典]THE SQUAREに加入(1977年[2][3][1])。

1978年にデビュー。1984年に『ADVENTURES』に収録されている「TRAVELERS」と「ALL ABOUT YOU」の2曲が当時テレビ放映されたサントリーホワイトの春・夏編のCFに起用され、伊東自身もCFに出演した。

1991年にT-SQUAREを脱退し、ソロ活動を始める。2000年にT-SQUAREに復帰。この頃からT-SQUAREはバンド形態から、安藤とのユニット形態に形を変えるが、2005年より再びバンド形態に変更している。

1999年には「名探偵コナン 世紀末の魔術師」にゲストミュージシャンとして参加した。

近年は吹奏楽とのつながりも深くシエナ・ウィンド・オーケストラとの競演の他、母校である西南学院高等学校吹奏楽部の定期演奏会にゲスト出演している。

日本におけるウインドシンセサイザープレイヤーの第一人者である[要出典]


2015年現在の機材

A.Sax Selmer Serie3 Jubilee Sterling Silver(彫刻入り)

MP Theo Wanne KALI #7

EWI AKAI EWI1000+EWV2000,EWI4000S(25th Anniversary PhoenixRed)

※EWI1000をメイン機とし、EWI4000Sはサブ機として使用している。EWI1000,EWV2000はすでにメーカーサポート完了品だが、EWIに詳しい友人がメンテナンスや改造をしてくれているとのこと。[要出典]

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

タイトル 発売年 注釈
DEAR HEARTS 1984 2007年にリマスター盤で再発。
L7 1985 2007年にリマスター盤で再発。
T.K. 1988 2007年にリマスター盤で再発。
VISIONS 1992
T.K.LA 1993
GROOVE ISLAND 1994
T.K.COVERS 1995
T.K.BREEZE 1996
SCARE HEADLINE 1997
LOVE 1997
Double Circle 1999
Turn Over 2000
星に願いを 〜T.K.Adagio〜 2001
アランフェス 〜T.K.アダージョ 2002
Mellow Madness 2007
FAVORITES 2014

出演編集

CM編集

出典編集

外部リンク編集