メインメニューを開く

伊東 ゆかり(いとう ゆかり、1947年4月6日 - )は、日本の女性歌手女優。 本名:伊東 信子(いとう のぶこ)。

伊東ゆかり
Yukari Ito 1963 Scan10010.jpg
1963年(キングレコードの広告)
基本情報
出生名 伊東信子
生誕 (1947-04-06) 1947年4月6日(71歳)
出身地 日本の旗 日本東京都品川区
ジャンル 和製ポップスシャンソン
職業 歌手女優
担当楽器
活動期間 1958年 -
事務所 夢みぃな
公式サイト 伊東ゆかり公式サイト

東京都品川区出身。関東学園女子高等学校(現・関東国際高等学校)卒業[1]1960年代から1970年代に掛けて一世を風靡した和製ポップス歌手の一人。現在も現役歌手として音楽番組への出演やコンサート活動のほか、女優としても活躍中。

目次

略歴編集

幼少期から進駐軍キャンプで唄い始め、11歳のとき(1958年6月)「かたみの十字架クワイ河マーチ(映画『戦場にかける橋』テーマソング」)でキングレコードより本格デビュー[2]。これは美空ひばりのデビュー年齡(12歳)よりも早い。

その後、一時芸能活動を休止するが、渡辺プロダクションに移籍し活動を再開。ポップスを得意とした中尾ミエ園まりと三人で “スパーク3人娘” を結成。『シャボン玉ホリデー』や『歌え!一億』に出演し、知名度を全国区にした。1967年リリースした「小指の想い出」は爆発的なヒットとなり、その後も長く歌い継がれている。その後も「恋のしずく」「朝のくちづけ」「知らなかったの」と立て続けにヒット曲を飛ばした。この頃、巨人軍選手柴田勲との交際が話題となり、一時は柴田との結婚話まで浮上した(詳細は柴田勲#交友関係を参照)。1969年には映画『愛するあした』に主演、同年第20回NHK紅白歌合戦の紅組司会を務めた。

1970年、シングル「結婚」を最後に渡辺プロダクションから独立。1971年に「誰も知らない」がヒットするものの、大手プロダクションの後ろ盾を失った厳しさや、結婚・出産・離婚の経験。さらには “スパーク3人娘” の自然解散や “新三人娘”・“花の中三トリオ” 等の後輩歌手が台頭してきたために、その後は一時的に低迷する。しかし、1977年から1981年までメイン司会を務めたTBS音楽番組サウンド・イン"S"』が一つの転機となり、“大人の歌手” として再評価されるようになる[3]。この番組は彼女が得意とする洋楽を中心とした構成で、時には自らもゲストとデュエットしつつ、エンディングで世良譲ピアノにのせスタンダード・ナンバーを歌い上げていた。同番組は2007年までCS放送のTBSチャンネルで再放送された。

この他にも単独での出演のほか、近年は上記の “スパーク3人娘” でのツアーの他、揃ってテレビ出演することも多くなってきている。

前夫は歌手で俳優佐川満男で、その間に生まれた実娘が歌手の宙美(親権は伊東が持っている)。所属レコード会社はキングレコード⇒日本コロムビアビクターインビテーションレーベルアルファレコード⇒キングレコード⇒ユニバーサルミュージックBMG JAPANを経て、現在はフリー。所属事務所は小澤音楽事務所。2010年より(株)夢みぃな

歌手生活60周年を迎えた2013年4月20日には、渋谷の大和田さくらホールにてコンサートを開催。MJQ(マンハッタン・ジャズ・クインテッド)のデビッド・マシューズをプロデューサーに迎え、歌手生活60周年記念アルバム『メモリーズ・オブ・ミー』を同年4月3日にリリースした。

テレビ朝日系列『徹子の部屋』では、2010年10月13日に娘の宙美と共演、二人でデュエットソングも披露する。それから7年後の2017年8月25日には、前夫・佐川と宙美の三人で出演した。1年後の2018年7月16日にも三人で仲良く再び出演している。

音楽編集

シングル編集

カヴァー・ポップス作品


オリジナル作品
# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1960年代
1 1965年
6月20日
おしゃべりな真珠[4] 安井かずみ いずみたく
2 1965年
12月20日
すてきなカプチーナ 安井かずみ 宮川泰
3 1966年
7月1日
この気持を 安井かずみ 宮川泰
4 1966年
7月1日
幸福くん 岩谷時子 宮川泰
5 1966年
9月10日
ちいさな恋 水島哲 平尾昌晃 井上忠夫
6 1967年
2月10日
小指の想い出 有馬三恵子 鈴木淳 森岡賢一郎
7 1967年
9月1日
あの人の足音 有馬三恵子 鈴木淳 森岡賢一郎
8 1968年
1月20日
恋のしずく 安井かずみ 平尾昌晃 森岡賢一郎
9 1968年
6月1日
星を見ないで 安井かずみ 平尾昌晃 宮川泰
10 1968年
10月10日
朝のくちづけ 有馬三恵子 鈴木淳 森岡賢一郎
11 1969年
2月1日
知らなかったの 山口あかり 平尾昌晃 宮川泰
12 1969年
6月1日
愛して愛して 平尾昌晃 宮川泰
13 1969年
9月25日
朝を返して 安井かずみ 平尾昌晃 宮川泰
14 1969年
10月20日
青空のゆくえ 安井かずみ 宮川泰
1970年代
15 1970年
1月20日
裸足の恋 安井かずみ 川口真 森岡賢一郎
16 1970年
5月1日
結婚 山上路夫 宮川泰 服部克久
17 1970年
6月25日
わたしだけのもの 麻生ひろし 井上かつお 馬飼野俊一
18 1970年
10月1日
さすらい 吉田央 西あきら 佐々永治
19 1970年
11月10日
瞳の中から[5] 麻生ひろし 西あきら 佐々永治
20 1971年
3月25日
信頼 谷雅子 海野こうじ 馬飼野俊一
21 1971年
7月10日
明日をめざして 橋本淳 筒美京平
22 1971年
10月25日
誰も知らない[6] 岩谷時子 筒美京平
23 1972年
3月10日
阿久悠 馬飼野俊一
24 1972年
5月25日
陽はまた昇る たかたかし 筒美京平
25 1972年
9月10日
朝が来たら たかたかし 鈴木邦彦 東海林修
26 1973年
1月10日
わかれの詩 有馬三恵子 鈴木邦彦
27 1973年
5月10日
或る手紙 有馬三恵子 鈴木邦彦
28 1973年
10月25日
あのひと 有馬三恵子 加瀬邦彦 竜崎孝路
29 1974年
7月1日
季節風 ちあき哲也 高田弘
30 1975年
1月1日
深夜放送 阿久悠 中村泰士 馬飼野俊一
31 1975年
8月1日
わたし女ですもの[7] 橋本淳 中村泰士 森岡賢一郎
32 1976年
1月1日
わかれ雪 中山大三郎 中村泰士 森岡賢一郎
33 1976年
6月10日
悲しみの出発 なかにし礼 東海林修
34 1976年
8月1日
逢いびき なかにし礼 川口真
35 1977年
4月1日
かわいた女に雨が降る 一條諦輔 高田弘
36 1977年
12月1日
ロマンチスト 松本隆 筒美京平
37 1978年
8月25日
あなたの隣りに 荒木とよひさ 馬飼野康二
38 1979年
10月
エンドレス 山口洋子 都倉俊一 鈴木茂
1980年代
39 1980年
2月21日
もう一度 松山千春 後藤次利
40 1981年
2月25日
強がり[8] なかにし礼 林哲司 前田憲男
41 1981年
8月21日
約束だけロマンティック 三浦徳子 佐瀬寿一 井上鑑
42 1984年
9月5日
ふぁど 阿久悠 三木たかし 大村憲司
43 1985年
9月21日
1990年 岡田冨美子 吉屋潤 川口真
44 1988年
9月25日
誘われて 森瑤子 西木栄二 倉田信雄
45 1989年
1月25日
セレナーデ 兼松正人 棚部陽一 杉山トム
46 1989年
11月28日
MY DEAR! 兼松正人 佐藤健 倉田信雄
1990年代以降
47 1991年
10月21日
もう誰も愛さない 影森潤 C.Fox 倉田信雄
48 1992年
3月21日
あなたのすべてを 佐々木勉 倉田信雄
49 1992年
11月1日
愛は限りなく
〜DIO, COME TI AMO!〜
音羽たかし D.Modugno 前田憲男
50 1994年
8月19日
いつか もしか まさか[9] 川村真澄 松本俊明 新川博
51 1994年
8月31日
明日、めぐり逢い 松原史明 森田公一
52 1994年
11月2日
心に愛を瞳に夢を 真間稜 芦沢和則 村松邦男
53 1997年
11月6日
愛はいりませんか 岡田冨美子 都志見隆 倉田信雄
54 2001年
5月21日
かんにんしてや[10] 中村泰士 川口真

アルバム編集

  • ゆかりのヒット・パレード 第1集 (1962)
  • ゆかりのヒット・パレード 第2集 (1963)
  • ゆかりのヒット・パレード 第3集 (1964)
  • ゆかりのヒット・パレード 第4集 (1964)
  • サン・レモのゆかり (1965)
  • ゆかりのニュー・ヒット・パレード (1966)
  • 小指の想い出 (1967)
  • ゆかり ダブルデラックス (1969.10)
  • ゆかりの贈りもの (1970.08.01)
  • ゆかりの新しい世界 (1970.11)
  • LOVE (1971)[11]
  • 旅 (1972)
  • ふたたび愛を〜伊東ゆかり・筒美京平 Love Sounds (1972)
  • 伊東ゆかりのすばらしい世界 (1973)
  • あのひと (1973)
  • わたし女ですもの (1975.11.20)
  • やさしい女 (1976.04.25)
  • わかれ雪 (1976)
  • yukari あなたの隣りに (1978)
  • あなたしか見えない (1979.07.25)
  • 素描(Sketch) (1980.06.21)
  • 愛する嘘を知ってますか。女に関する10章 (1981.10.15)
  • MISTY HOUR (1982.12.16)
  • fado (1984.09.05)
  • HANAGUMORI (1986.04.01)
  • 誘われて (1988.09.25)
  • Because You Are (1990.01.25)
  • ラヴ・アフェア〜アメリカン・ソング・バラード (1991.10.21)
  • MY HAPPINESS〜SINGS THE BEAUTIFUL DAYS (1992.11.01)
  • Beautiful Days (1995.10.18)
  • Stage Doors (1999.10.09)
  • Touch Me Lightly (2002.12.25)
  • あなたのわたし (2005.05.25)
  • メモリーズ・オブ・ミー (2013.04.03)
  • メモリーズ・オブ・ミー2〜sings bossa (2014.11.19)

出演編集

テレビ番組編集

ほか

ドラマ編集

ほか

映画編集

主演。ボサノヴァ調の同名主題歌は、シングル「愛して愛して」のカップリング曲として発売されており、和製ソフトロックの人気曲のひとつとなっている。

ほか

紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1963年(昭和38年)/第14回 1 キューティ・パイ・メドレー[12] 24/25 植木等 中尾ミエ園まりと出演。トリ前
1964年(昭和39年)/第15回 2 夢みる想い 03/25 芦野宏 中尾ミエ、園まりと出演。
1965年(昭和40年)/第16回 3 恋する瞳 11/25 三田明
1966年(昭和41年)/第17回 4 愛はかぎりなく 19/25 デューク・エイセス
1967年(昭和42年)/第18回 5 小指の想い出 10/23 菅原洋一
1968年(昭和43年)/第19回 6 恋のしずく 08/23 鶴岡雅義と東京ロマンチカ
1969年(昭和44年)/第20回 7 宿命の祈り 09/23 菅原洋一(2) 紅組司会も兼任
1970年(昭和45年)/第21回 8 さすらい 22/24 菅原洋一(3)
1971年(昭和46年)/第22回 9 誰も知らない 15/25 アイ・ジョージ
1975年(昭和50年)/第26回 10 わたし女ですもの 13/23 菅原洋一(4) 4年ぶりに復帰出場
1992年(平成4年) /第43回 11 ボーイ・ハント 07/28 舟木一夫 17年ぶりに復帰出場

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある()はトリ等を務めた回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

伊東を演じた人物編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.499
  2. ^ CD伊東ゆかり/ラリパップ」(P-VINE 規格品番:PCD-1558 1997年8月25日発売)ブックレット解説より
  3. ^ 伊東は後番組の『Holiday』にも司会者として出演しているが、こちらは1年で終了した。
  4. ^ 松竹映画「おしゃべりな真珠」の主題歌として使用された。
  5. ^ 日本テレビ系テレビドラマ「うちのおとうさん」の主題歌として使用された。
  6. ^ 本楽曲で、紅白歌合戦の連続出場は一旦途切れる(翌年の1972年は落選)。
  7. ^ 本楽曲で、紅白歌合戦に4年振りの出場を果たした。
  8. ^ TBS系テレビドラマ「もういちど春」の主題歌として使用された。
  9. ^ 小堺一機とのデュエット。
  10. ^ 佐川満男とのデュエット。
  11. ^ 伊東ゆかりとグリーン・ジンジャー名義。
  12. ^ 3人がそれぞれの持ち歌を順番に披露した。伊東ゆかり「キューティ・パイ」→園まり「女王蜂」→中尾ミエ「バイ・バイ・バーディ」のメドレー。

外部リンク編集