伊東 一雄(いとう かずお、1934年4月7日 - 2002年7月4日)は、日本プロ野球パシフィック・リーグ元広報部長で野球解説者

伊東 一雄
いとう かずお
生誕 (1934-04-07) 1934年4月7日
日本の旗 日本 
東京都
死没 (2002-07-04) 2002年7月4日(68歳没)
日本の旗 日本 
東京都
職業 野球解説者

パンチョ伊東」の愛称・通称で広く知られた。

略歴編集

生い立ち編集

1934年4月7日、東京都豊島区西巣鴨に生まれ、小学生時は戦火を逃れるために千葉県市川市へ転居し、以後居住する。子供時代から父親の影響で野球に親しみ、後楽園球場東京巨人軍戦、神宮球場の大学野球に通いスコアカード記入などをした。1942年5月24日に後楽園球場日本プロ野球史上最長の大洋軍名古屋軍の延長28回戦や、1953年10月31日に大友工日米野球ニューヨーク・ジャイアンツ相手に完投勝利を収めた試合も観戦した[1]

西巣鴨第四小、市川小、市川一中を経て、都立三高へ進学し、千葉大学文理学部を中退した。

パ・リーグ編集

1959年パ・リーグ職員となり、中沢不二雄会長の秘書を務め、その後はパ・リーグ広報部長を1976年から1991年にかけて務め、「広報の伊東・記録の千葉(功)(当時のパ・リーグ記録部長)」として知られた。

1985年からテレビ東京系列で放映されたパ・リーグ情報番組「花のパ・リーグ情報」にレギュラーコメンテーターとして登場。

プロ野球ドラフト会議の1991年まで司会を務めた。黒い霧事件でパ・リーグの観客動員がセ・リーグの半分以下に落ち込んだ時に「我がリーグは3分の1リーグだ」と嘆いたことでも知られる。

ジャーナリスト編集

1991年にパ・リーグを退職し、1992年からジャーナリストとしてMLBへの取材を広げ、ニッポン放送の『ショウアップナイタープレイボール』で司会として活躍した。フジテレビの野球番組での解説の他、『プロ野球ニュース』に「PANCHO」名義でレギュラー出演し、メジャーリーグコーナー担当した。セガサターンで発売されたゲーム『プロ野球チームもつくろう!』に試合の解説、プロ野球ドラフト会議の司会担当として登場した。

晩年編集

2000年ごろから内臓に多発性のがんが発見され、入退院を繰り返した。『プロ野球ニュース』に代わる新スポーツ番組『すぽると!』でもメジャーリーグコーナーを担当する予定だったが、体調を崩して一度も担当できず、弟子の福島良一が代わりに担当した。2001年に、イチローが出場したオールスターゲームの特集で、大きく痩身した姿で深い椅子に座り、久々にスタジオ出演した。

2002年7月4日に心不全により68歳で死去した。イチローの出場したオールスターゲームを生観戦出来ず終いだった。『すぽると!』の追悼企画では、伊東が「ボクの娘」と可愛がっていた松井みどりアナウンサー(当時)がナレーションを担当した。

生涯独身で、晩年には森中千香良と「プロ野球独身貴族会」を結成していた。

評論歴編集

1992年 - 2002年 フジテレビ、ニッポン放送解説者

ドラフト会議の司会者編集

1965年から始まったドラフト会議では、1991年まで司会を務め、張りのある声で選手名を読み上げることで知られた。1988年以前のドラフト会議では、選手名などが記された紙を掲示板に引っかけて表示する方式だったため、伊東が選手名を読み上げた後すぐには漢字表記がわからないことがあり、以下のような独特の漢字説明を行なっていた。

1976年のドラフト会議で、ヤクルトスワローズが1位指名した投手の酒井圭一を、戦前の慶應義塾大学の阪井盛一監督と混同して「さかい せいいち」と読んだり、最後の司会となった1991年のドラフト会議で、ヤクルトが1位指名した石井一久の学校名である東京学館浦安高を「東京学館高校」と読んだ。後者の際は、1度目に読む時には正しく発音している。同年のドラフトで、福岡ダイエーホークスのテストを200名近い全受験者中ただ一人合格し、全選手中最後に指名された田畑一也が最後に伊東から名を読み上げられた指名選手となった。なお、同年のドラフト会議で伊東が最後に発した言葉は「第10回選択希望選手、阪神、選択見送り」であった。

エピソードは山ほどあるドラフト司会だが、非常に冷静沈着であった。本人が何度も「これでいいの?」と確認した読売ジャイアンツ桑田真澄など思わぬ指名では、会場のがざわついた際に「お静かに!」という怒気をうかがわせる声が響かせるなどした。

メジャーリーグ通編集

高校一年生だった1950年ジョー・ディマジオが野球指導でフランク・オドールと2人で模範実技の披露のために日本を訪れた際、オープンカーで銀座通りをパレードした。その際に白バイと白バイの間をすり抜け、オープンカーに飛び付いて一緒に走りながら万年筆を差し出してサインをねだったところ、快くサラサラと書いてもらったことが、伊東とMLB選手との最初の出会いである。その後は渡米するたびにディマジオが経営するイタリア料理店に立ち寄っては顔を合わせていたが、1978年オールスターゲームの日本向け衛星中継で一緒にマイクの前に並んだディマジオにサインを久しぶりにねだったところ、「1950年以来の古き友よ」と書いてもらい感激したと述べている[4]

MLBと比べての日本プロ野球犠牲バントヒットエンドラン多用、ボールを選び過ぎるスタイルには批判的であり[5][6][7]、「野球というものは本来もっと単純なものである」と積極的な打撃戦を好んでいた。一方で、日本プロ野球の審判員の技術は世界第一だと高く評価していた[8][9]

パ・リーグの仕事の合間を縫って、メジャーリーグの全球場を巡るのが趣味となった。アメリカにおいてメキシコ人を戯画化したような風貌を持つこともあり、球団関係者から「Pancho」のニックネームを与えられ、次第に球団関係者のみならず選手にもコネクションを広げていき「MLB関係者に『パンチョ』の名を知らないものはいない」と言われた。

また、MLBファンである松山千春と親交があり、その縁で松山千春はプロ野球ニュースに出演している。

最後のメッセージ編集

2002年7月5日付『サンケイスポーツ』にて、次のメッセージが掲載された。

まさか、長い野球人生の間に、こんな事でピリオドを迎えるとは思っていなかった。
しかし振り返ってみれば、ディマジオ最後のホームラン、ジャッキー・ロビンソンのホームラン…これら日本野球の歴史に残る、ものすごい当たりを見られたことはこれほど人生にとってラッキーな事があるだろうか。
これから先、日米野球でたくさんのチームが来日するだろう。そのたびに新しい歴史が出来ていく。そういうことを。それを大いに期待したいものだ。
それを本塁ベースの向こうからじっくり眺めていたい。ではみなさん、さようなら。パンチョ伊東

著書 ・翻訳書編集

出演番組編集

出演CM編集

脚注編集

  1. ^ 伊東一雄、吉川達郎(監修)『メジャーリーグこそ我が人生 パンチョ伊東の全仕事』産経新聞ニュースサービス、2003年、357頁。ISBN 4-594-04117-5
  2. ^ 蒲谷はオリンピック出場のため、この年のドラフト指名を拒否して東芝に進んだ。
  3. ^ この年益山は大洋には入団せず帝京大学に進み、1976年阪神タイガースから1位指名を受け入団した。このエピソードが阪神1位指名時のものとする記述が各所で見られるが誤りである。
  4. ^ 伊東一雄『メジャー・リーグ紳士録』ベースボール・マガジン社、1997年、106-107頁。ISBN 4-583-03411-3
  5. ^ 伊東 2003, pp. 114-116
  6. ^ 伊東 2003, pp. 193-194
  7. ^ 伊東 2003, pp. 74-76
  8. ^ 伊東 2003, pp. 129-130
  9. ^ 伊東 2003, pp. 182-183

関連人物編集