伊東 深水(いとう しんすい、1898年明治31年)2月4日 - 1972年昭和47年)5月8日)は、大正昭和期の浮世絵師日本画家[1]版画家。本名、一(はじめ)。娘は女優タレント歌手朝丘雪路[2]

伊東 深水
Ito Shinsui.JPG
1954年頃
生誕 伊東 一(いとう はじめ)
1898年2月4日
東京府東京市深川区(現東京都江東区
死没 (1972-05-08) 1972年5月8日(74歳没)
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 版画
代表作 美人画
受賞 日本芸術院賞
1948年 鏡

歌川派浮世絵の正統を継いでおり、日本画独特のやわらかな表現による美人画が有名。人気の「美人画」以外の画題を描きたくとも、それ以外の注文が来ず、画家として困惑する時期もあったという。本妻の好子をモデルに大作を数多く発表し、評価を高めた。戦後は美人画とも並行し、個人的に独自の題材で日本画を制作することが多かった。人気のあまり、戦後には多くの作品が複製版画として頒布されるようになった。

目次

経歴編集

1898年東京府東京市深川区深川西森下町(現在の東京都江東区森下一丁目)に生まれる。伊東半三郎の長男[1]1905年、深川尋常小学校(現在の江東区立深川小学校)に入学。同級生に伊東の友人となった関根正二がいた。

1907年小学校3年で中退、以後は看板屋に奉公し住み込みで働く。1908年、職工となり深川区深川東大工町(現在の江東区白河四丁目)の東京印刷株式会社の活字工になる。日本画家中山秋湖に日本画を習う。1911年、縁あって鏑木清方へ入門。「深水」の号を与えられ、夜間学校で苦学しながらも精進する、このとき14歳。

1912年、第12回巽画会展に『のどか』が初入選。1913年、巽画会1等褒状。1914年、再興第1回院展に『桟敷の女』が入選、東京印刷を退社する。1915年、第9回文展に『十六の女』が初入選。1916年、渡辺版画店から第1作『対鏡』を発表、伝統的技法による新版画運動に参加、東京日日新聞などに挿絵を描く。1919年、好子と結婚し長男と次男をもうける。

1922年、平和記念東京博覧会で『指』が2等銀牌。1927年、大井町に深水画塾を設立。1932年、人物画の再興を目指し「青々会」を設立。1935年、料亭「勝田」の女将であった勝田麻起子との間に雪会(後の朝丘雪路)をもうけた。1943年召集され海軍報道班員として南方諸島へ派遣、外地で4000枚ものスケッチをする。

1945年長野県小諸市に疎開する。1948年、『鏡』で第4回日本芸術院賞受賞[3]1949年鎌倉に転居。1950年白鳥映雪児玉希望奥田元宋佐藤太清等と日月社を結成、後進の育成にあたる。1958年日本芸術院会員に推挙。1972年、癌により5月8日没。74歳没。墓所は品川区上大崎の隆崇院にある。法名は画光院一誉明澄深水大居士といった。

人物編集

人柄編集

幼くして鏑木清方の門に入り、15歳の時に巽画会に入選[1]文展帝展に出品しことごとく入選した[1]。浮世絵系統に於ける有数の作家であった[1]。趣味は釣魚、清元小唄、古器愛玩[1][4]

弟子編集

歌川国芳から月岡芳年水野年方、鏑木清方、伊東深水と続く流れを「玄冶店派」という。深水の門人には、徳永春穂志村立美白鳥映雪岩田専太郎立石春美浜田台児八幡白帆水戸童大竹五洋がいる。

代表的な作品編集

 
右から4人目、市村羽左衛門の後ろに居るのが伊東(1930年)
  • 『指』(1911年
  • 『対鏡』木版(1916年) - 東京国立近代美術館所蔵
  • 『遊女』木版(1916年) - 東京国立近代美術館所蔵
  • 『明石の曙』木版(1916年) - 東京国立近代美術館所蔵 
  • 『湯気』(1924年
  • 『羽子の音』(1927年
  • 『潮干狩』(6曲1隻1929年
  • 『秋晴れ』(1929年
  • 『暮方』(1932年
  • 『宵』(1933年
  • 『桜花図』(6曲1隻1939年
  • 『銀河祭』(1946年
  • 『吹雪』(1947年
  • 『信濃路風景』(1948年
  • 『髪』(2曲1隻1949年
  • 『聞香』絹本着色 (1950年) - 東京国立近代美術館所蔵
  • 『清方先生像』絹本着色 (1951年) - 東京国立近代美術館所蔵
  • 『春宵(東おどり)』(4曲1隻1954年
  • 『吉野太夫』(1966年
  • 『伊達巻の女』
  • 『口紅』
  • 『雪の女』
  • 『丸髷』
  • 『社頭の雪』
  • 『姿見』絹本着色 - 城西大学水田美術館所蔵
  • 『大島婦女図』紙本着色 - 熊本県立美術館所蔵
  • 『月夜図』紙本着色 - 熊本県立美術館所蔵など

作品収蔵先編集

家族・親族編集

  • 父・半三郎[1]
  • 妻・(東京、永井政治の長女)[1][4]
1894年 -
1920年 -
1921年9月16日 - 1970年11月26日[5]
  • 息子
  • 勝田深氷(かつた しんぴょう、日本画家、本名は慎一)
1937年 - 2012年7月31日[6][7]
  • 勝田祥三電通で映像事業局長などを務めた[8][9]
1941年 -
1935年 - 2018年
1974年 -

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第12版 上』イ56頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月20日閲覧。
  2. ^ "朝丘雪路さんが死去、82歳 女優". 日本経済新聞. 2018年5月20日. 2018年5月22日閲覧. 
  3. ^ 『朝日新聞』1948年4月29日(東京本社発行)朝刊、2頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録 第14版 上』イ49頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月20日閲覧。
  5. ^ 『CD 現代日本人名録 物故者編1901~2000』(日外アソシエーツ)より
  6. ^ 日本画家の勝田深氷氏死去 産経新聞 2012年10月12日閲覧
  7. ^ 中学生 日本画に挑戦 平戸市野子中 浮世絵専門画家 勝田深氷さん指導より(百度によるキャッシュ)
  8. ^ 電通田原総一朗・著(朝日新聞社)より
  9. ^ PLANT A TREE PLANT LOVE - 組織概要より

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 吉田漱『浮世絵の見方事典』北辰堂、1987年、178頁。
  • 吉田漱『浮世絵の基礎知識』雄山閣、1987年。
  • 浜松市美術館編『伊藤孝之と新版画運動』浜松市美術館、1995年。
  • 『よみがえる浮世絵 うるわしき大正新版画展』東京都江戸東京博物館編、東京都江戸東京博物館 朝日新聞社、2009年。

関連項目編集