伊東良孝

日本の政治家

伊東 良孝 (いとう よしたか、1948年(昭和23年)11月24日 - )は、日本の政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。

伊東 良孝
いとう よしたか
Ito yoshitaka.jpg
生年月日 (1948-11-24) 1948年11月24日(74歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道旭川市
出身校 北海道教育大学釧路分校
前職 釧路市議会議員
北海道議会議員
釧路市長
所属政党自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党(二階派
称号 教育学士
公式サイト 伊東良孝 衆議院議員 北海道第7選挙区

選挙区 北海道7区
当選回数 5回
在任期間 2009年8月31日 - 現職

当選回数 1回
在任期間 2005年10月24日 - 2008年10月2日

当選回数 1回
在任期間 2002年12月16日 - 2005年10月10日

選挙区 釧路市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1995年 - 2002年

当選回数 3回
在任期間 1985年 - 1995年
テンプレートを表示

自由民主党北海道連会長[1][2]衆議院地方創生に関する特別委員長農林水産副大臣第3次安倍第1次改造内閣第4次安倍第2次改造内閣)、財務大臣政務官第2次安倍内閣)、釧路市議会議員(3期)、北海道議会議員(2期)、釧路市長(2期)、衆議院農林水産委員長などを歴任。

概要編集

北海道旭川市生まれ[3]北海道釧路江南高等学校1974年北海道教育大学釧路分校卒業。大学では美術教諭の資格を取得しており、アマチュア画家でもある。その後、釧路パシフィックホテル取締役営業部長などを歴任した。中川一郎の後援会青年部で活躍し、中川の筆頭秘書であった同い年の鈴木宗男とも親しかった。中川の死後は鈴木宗男釧路後援会幹部となり、1985年(昭和60年)に釧路市議会議員選挙に出馬し初当選。以後3期連続当選。

1995年(平成7年)、北海道議会議員選挙に出馬し初当選。2002年まで道議を2期務める。自他共に認める鈴木宗男系列地方議員であったが、鈴木が自派勢力拡大のために、道議選で伊東と同じ選挙区に自身の腹心の秘書で、後に釧路市長となる蝦名大也を立候補させたため離反した。

2002年釧路市長に初当選。2006年に再選。家庭ゴミ回収有料化や阿寒町音別町との合併などを実現した。

衆議院議員へ編集

2008年10月2日、次回衆議院議員総選挙に出馬するため、釧路市長を2期目の任期途中で辞職。

2009年第45回衆議院議員総選挙自由民主党公認で、北村直人が引退した北海道7区から出馬し、民主党仲野博子を破って、還暦で初当選(仲野も比例復活)。同選挙における自民党唯一の北海道での小選挙区勝利であるとともに、2005年第44回衆議院議員総選挙で民主党が勝利した選挙区から議席を奪った唯一の例である。9月17日志帥会(伊吹派)に入会。落選した今津寛の後任の自民党北海道連会長に就任。

2012年第46回衆議院議員総選挙新党大地新人の鈴木貴子、民主党前職の仲野博子らを破り、再選(鈴木は落選したが、石川知裕の辞職に伴い繰り上げ当選)。選挙後に発足した第2次安倍内閣財務大臣政務官に任命され、2013年(平成25年)9月まで務める。財務大臣政務官を退任後、自由民主党副幹事長に就任した。

2014年第47回衆議院議員総選挙で民主党候補として出馬した鈴木貴子を破り3選(鈴木は比例復活)。鈴木との票差は225票と大接戦であった。

2015年10月、農林水産副大臣に就任。

2017年8月、衆議院農林水産委員長に就任[4]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙日本共産党の石川明美との一騎打ちを制して4選(前回の選挙で接戦になった鈴木貴子はこの選挙の直前に自由民主党に入党し比例代表に回り当選)。

2018年10月、自民党水産部会長に就任[5]

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙においても小選挙区で勝利し、5選を果たした[6]

政策・主張編集

憲法問題編集

  • 憲法改正について、2012年のアンケートでは「賛成」と回答[7]。2017年、2021年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[8][9]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「家族の尊重や家族間の相互扶助に関する条項を新設する」「各都道府県から必ず1人は参議院議員を選出するよう明記する」「財政の健全性に関する条項を新設する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[10]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[11]
  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「評価する」と回答[8]
  • 集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[7]
  • 憲法への緊急事態条項の創設に賛成[12]
  • 参議院議員通常選挙で隣接する県を一つの選挙区にする「合区」をなくすための憲法改正に賛成[12]

ジェンダー問題編集

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[8]。2021年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[9]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートでは「反対」と回答[11]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「どちらともいえない」と回答[9]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「反対」と回答[11]

その他編集

所属団体・議員連盟編集

不祥事編集

  • 2017年の第48回衆議院議員総選挙の公示から投開票日までの間、国の公共工事を受注していた地元の建設会社6社から計260万円の寄付を受けていたが、本人は「選挙に関しての寄付との認識はなく、国の公共工事を受注している会社からのという認識もなかった」と弁明した[15]
  • 第49回衆議院議員総選挙公示前の2021年9月に、国の公共工事を受注していた地元の会社から15万円の寄付を受けていた。全額を会社側に返金し「会社が国の工事を受注していたことを把握していなかった」と説明した。同社の会長は公職選挙法違反(特定寄付の禁止)の疑いで書類送検された[16]。2022年4月26日、釧路地方検察庁は会長を不起訴処分(起訴猶予)とした[17]

人物編集

  • 趣味は読書・旅行・音楽・スポーツ[18]
  • 座右の銘は「至誠天に通ず」 [18]

統一教会との関係編集

  • 2015年、地元・釧路市で開かれた、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)関連団体が主催するイベントにで出席した。2022年、北海道テレビ放送の取材に「趣旨だけ取ればそんなおかしな話ではないと思いますけれどね。お金ももらってませんし」と説明した[19]
  • 2021年6月11日、旧統一教会の関連団体の天宙平和連合(UPF)が創設した世界平和国会議員連合の日本の議員連盟「日本・世界平和議員連合懇談会」に参加した[20]。伊東は同議連の幹事を務めたが[21]、北海道テレビ放送の取材に「統一教会系というイメージはもっていなかったですね。あれは世界平和を目指す国際的な議員連合だという趣旨で」と答えた[19]

脚注編集

  1. ^ 組織構成”. www.jimin-douren.co.jp. 2022年8月2日閲覧。
  2. ^ 自由民主党北海道支部連合会 政治資金収支報告書(平成24年分定期公表) (PDF)”. 政治資金センター. 2019年12月2日閲覧。
  3. ^ 公式サイト経歴
  4. ^ 自民、衆院委員長ら了承 森英介憲法審査会長は続投
  5. ^ 小泉進次郎氏、自民厚労部会長に
  6. ^ 衆議院選挙2021 北海道(札幌・函館など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  7. ^ a b “2012衆院選 北海道7区 伊東良孝”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A02002003003 2014年9月3日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j 伊東良孝”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  9. ^ a b c d 伊東良孝”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  10. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  11. ^ a b c 北海道7区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i 第48回衆院選 自民 北海道 伊東 良孝”. 毎日新聞. 2020年1月3日閲覧。
  13. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  14. ^ 応援しています!”. 神道政治連盟国会議員懇談会. 2022年7月31日閲覧。
  15. ^ 衆院選で農水副大臣に260万円”. 西日本新聞. 2020年1月3日閲覧。
  16. ^ 違法寄付疑いで書類送検 会社会長、自民北海道支部に”. 共同通信 (2022年1月28日). 2022年1月28日閲覧。
  17. ^ “自民道7区支部への不正寄付、会社会長を起訴猶予 釧路地検”. 北海道新聞. (2022年4月26日). https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/674459/ 2022年5月15日閲覧。 
  18. ^ a b 公式プロフィール
  19. ^ a b 北海道 伊達忠一前参院議長の他に 伊東良孝衆院議員も 旧統一教会イベントに参加していた…” (日本語). HTB北海道ニュース. 2022年8月2日閲覧。
  20. ^ “21人のガッツポーズ”細田衆院議長の姿も・・・旧統一教会と自民党が国会内で集会、出席した元閣僚「選挙にプラスになる」”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月26日). 2022年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月9日閲覧。
  21. ^ ご挨拶 | 伊東良孝 衆議院 公式サイト” (日本語). ito-yoshitaka. 2022年8月2日閲覧。

外部リンク編集

議会
先代
山口俊一
  衆議院地方創生に関する特別委員長
2020年 -2021年
次代
石田真敏
先代
北村茂男
  衆議院農林水産委員長
2017年 - 2018年
次代
武藤容治
公職
先代
阿部俊子
小泉昭男

小里泰弘
高鳥修一

  農林水産副大臣
齋藤健
加藤寛治と共同

2015年 - 2016年
2019年 - 2020年
次代
齋藤健
礒崎陽輔

葉梨康弘
宮内秀樹

先代
網屋信介
柚木道義
  財務大臣政務官
竹内譲と共同

2012年 - 2013年
次代
葉梨康弘
山本博司
先代
綿貫健輔
  釧路市長
2002年 - 2008年
次代
蝦名大也