メインメニューを開く

伊東 長実(いとう ながざね)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名外様大名)。備中岡田藩初代藩主。

 
伊東長実
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄3年(1560年
死没 寛永6年2月17日1629年3月11日
改名 甚太郎(幼名)、長実、宗徳(法号)
別名 長次
墓所 東京都豊島区駒込の高林寺
官位 従五位下丹後
主君 織田信長羽柴秀吉徳川家康
備中岡田藩
氏族 河津氏伊東氏
父母 父:伊東長久
正室:神子田正治
長直堀田盛正室、長昌長重
養子:長行
テンプレートを表示

略歴編集

永禄3年(1560年)、尾張国岩倉国人伊東長久の長男として生まれる。日向国飫肥藩伊東氏と遠祖を同じとする。

天正元年(1573年)の小谷城攻めから織田氏に仕え、羽柴秀吉配下につけられ、大母衣衆に抜擢される。別所氏攻めで功績を残して織田信長より脇差を与えられたとの記録が残る。その後も秀吉配下として各地を転戦し、黄母衣衆24人の一人に列せられた。

天正18年(1590年)の小田原征伐にも従軍し、山中城攻めの際には一番乗りを果たす活躍をし、戦後の天正19年(1591年)に備中川辺に1万300石を与えられ大名となった。文禄・慶長の役では肥前国名護屋に駐屯した。

慶長5年(1600年)6月16日、会津征伐に向かうため下野国小山にいた徳川家康にいち早く石田三成の挙兵を知らせる功績を残した。この功績で後に大坂の陣では豊臣方として入城し、大坂七手組頭の一人として家康に敵対するものの、青木一重と共に大名として存続することを許された。殆どの豊臣方の大名が領地を取り上げられる中、この処置は異例であり、密偵的な活動を行っていたのではないかとも考えられている。

晩年に剃髪し、宗徳と号した。寛永6年(1629年)2月17日に死去。享年70。家督は次男・長昌が継いだ。