伊東 長昌(いとう ながまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名備中国岡田藩2代藩主。伊東長実の次男。

 
伊東長昌
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 文禄2年(1593年
死没 寛永17年9月18日1640年11月1日
戒名 宝光院東山高天
墓所 高林寺文京区向丘
官位 従五位下若狭守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
備中岡田藩
氏族 伊東氏
父母 伊東長実神子田正治
兄弟 長直堀田盛正室、長昌長重
板倉勝重養女
長治、駿河某室、本堂栄親継室
テンプレートを表示

生涯編集

文禄2年(1593年)、伊東長実の次男として生まれる。

幼少時から徳川家康の家臣として仕えたが、後に豊臣秀頼の家臣となる。大坂の陣では豊臣方として父と共に戦ったが敗れ、自害しようとしたが、家康の制止を受けて許され、以後は徳川氏の家臣となった。この処置は異例であり、スパイ的な活動を行っていたのではないかとも考えられている。

寛永6年(1629年)の父の死去により家督を相続した。

寛永17年(1640年)9月18日に死去した。享年48。跡を長男・長治が継いだ。

系譜編集