伊與田 英徳(いよだ ひでのり、1967年5月6日[1] - )は日本のドラマプロデューサー演出家TBSテレビ制作1部所属。

愛知県立国府高等学校から東京理科大学基礎工学部材料工学科[2]に進学。卒業後、名古屋の番組制作会社を経て[3]1998年にTBSへキャリア入社。『池袋ウエストゲートパーク』などのADを経て、『コワイ童話』や『悪いオンナ』などの演出を担当。『ブラックジャックによろしく』や『ヤンキー母校に帰る』などのプロデューサーで有名。『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』など池井戸潤原作ドラマを多く手がけている。『ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢〜』で松田翔太をデビューさせた。

受賞歴編集

手掛けた作品編集

ドラマ編集

演出編集

プロデューサー編集

企画編集

映画編集

バラエティ編集

舞台編集

  • TAKE FIVE(2015年・プロデューサー)

脚注編集

  1. ^ 「半沢直樹」が作品賞 日刊ドラマGP - nikkansports.com
  2. ^ 東京理科大学報 vol.199 2015(H27).10.05
  3. ^ 豊川市 「広報とよかわ」2015年7月号(MY COLOR)
  4. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2014年1月21日閲覧。
  5. ^ “世界に見せたい日本のドラマ 『あさが来た』『赤めだか』がグランプリ”. ORICON STYLE. (2016年11月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2081070/full/ 2016年11月7日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集