メインメニューを開く

伊藤 るり子(いとう るりこ、1947年6月8日[1][2][3][4] - )は、日本の元女優。本名、伊藤 瑠吏子(読み同じ)[1][3][4]

いとう るりこ
伊藤 るり子
本名 伊藤 瑠吏子
生年月日 (1947-06-08) 1947年6月8日(72歳)
出生地 日本の旗 日本 山形県
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
映画
『さすらいは俺の運命』
『東京は恋する』
テレビドラマ
雨の中に消えて
あいつと私
『おんぶにだっこ』

山形県出身[1][2][3][4]。神奈川県横浜市立鶴見中学校卒業[3]日活を経て、コヒナタ企画に所属していた[4]

目次

来歴・人物編集

1964年、東宝芸能学校卒業[1][2]。卒業後スカウトされて日活に入社[2][3][4]1965年映画『大日本ハッタリ伝』でデビュー[2][1][3][4]。『さすらいは俺の運命』で小林旭、『東京は恋する』では舟木一夫の相手役となるなど、日活青春映画で活躍する[1]。また、テレビドラマでも日活制作の石坂洋次郎シリーズの『山のかなたに』、『雨の中に消えて』、『あいつと私』などで松原智恵子と共演した。1969年の紹介記事では「松原との共演は多いので気楽に演じることができる」と述べている[3]

1970年代に日活がロマンポルノへの方向転換したことに伴い日活を退社し、テレビドラマに活躍の場を移す[5]。その後、結婚を機に芸能界を引退[1]

趣味は、読書[3]。特技はバレエで、中学時代に東京新聞主催の全国舞踊コンクールで1位入賞している[2][6]東宝芸能学校でもモダンバレエを専攻していた[3]

出演作品編集

映画編集

  • 大日本ハッタリ伝(1965年、日活) - 宮子
  • 花咲く乙女たち(1965年、日活) - アイコ
  • 拳銃野郎(1965年、日活)
  • さすらいは俺の運命(1965年、日活) - 杏子
  • 真紅な海が呼んでるぜ(1965年、日活) - 桂子
  • 東京は恋する(1965年、日活)
  • 血と海(1965年、日活)
  • 河内カルメン(1966年、日活) - 武田仙子
  • 鉄火場仁義(1966年、日活)
  • あなたの命(1966年、日活)
  • 逃亡列車(1966年、日活) - 山下光子
  • 二人の銀座(1967年、日活)
  • 夜霧よ今夜も有難う(1967年、日活) - 和枝
  • 喜劇 東京の田舎ッぺ(1967年、日活) - 森せつ子
  • 爆破3秒前(1967年、日活) - 由起子
  • 花の恋人たち(1968年、日活) - 細谷和子
  • ザ・スパイダースのバリ島珍道中(1968年、日活) - 田代悦子
  • あゝひめゆりの塔(1968年、日活) - 佐久川ヤス
  • 前科 ドス嵐(1969年、日活)
  • 代紋 男で死にたい(1969年、日活) - 大森雪
  • 野蛮人のネクタイ(1969年、日活) - トヨ
  • 鮮血の記録(1970年、日活)
  • ハレンチ学園 身体検査の巻(1970年、ダイニチ映配) - 依田圭子
  • 花の特攻隊 ああ戦友よ(1970年、日活) - 冬子
  • ネオン警察 ジャックの刺青(1970年、ダイニチ映配) - ナオミ
  • 人間革命(1973年、東宝) - 工藤

テレビドラマ編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画人名事典』女優編 上巻、キネマ旬報社、1995年、221頁。ISBN 4873761409
  2. ^ a b c d e f 読売新聞』1966年9月12日付朝刊、7面、ラジオ・テレビ欄。
  3. ^ a b c d e f g h i 福島民報』1969年7月24日付朝刊、7面。
  4. ^ a b c d e f 『福島民報』1970年12月7日付朝刊、7面。
  5. ^ 『読売新聞』1973年8月14日付朝刊、13面。
  6. ^ 東京新聞全国舞踊コンクール 第18回 入賞者 児童舞踊部 1位文部大臣奨励賞に伊藤の名が掲載されている。

外部リンク編集