伊藤之雄

日本の歴史学者

伊藤 之雄(いとう ゆきお、1952年[1] - )は、日本歴史学者京都大学教授博士(文学)。専門は、近・現代日本政治外交史[1]

目次

略歴編集

福井県[1]生まれ。岐阜県立大垣南高等学校[2]を経て、1976年京都大学文学部卒業[3]。同大学院文学研究科修士課程修了[2]1981年、同博士課程満期退学[3]

1988年京都薬科大学専任講師[3]。1990年名古屋大学文学部助教授[3]1993年3月23日博士(文学)(京都大学、博士論文『大正デモクラシーと政党政治』[4])。

1994年、京都大学大学院法学研究科教授(現職)[1][3]1995年ハーバード・イェンチン研究所ライシャワー日本研究所で研究(-1997年[5]

2012年2月、『昭和天皇伝』で第15回司馬遼太郎賞を受賞[6][7]

現在、京都大学公共政策大学院兼担教授。この他、学外では、京都市政史編さん委員会代表[1]を務めている。

評価編集

今谷明は、「気鋭の近代政治史家」と評している[8]

著書編集

単著編集

編著編集

  • 『近代京都の改造――都市経営の起源 1850~1918年』 ミネルヴァ書房〈Minerva日本史ライブラリー 17〉、2006年4月。ISBN 4-623-04517-X
  • 『原敬と政党政治の確立』 千倉書房、2014年7月。ISBN 4-8051-1039-2

共編著編集

  • 『環太平洋の国際秩序の模索と日本――第一次世界大戦後から五五年体制成立』 川田稔編、山川出版社、1999年11月。ISBN 4-634-52080-X
  • 『理解しやすい日本史B』 井上満郎藤田覚共編著、文英堂〈シグマベスト〉、2001年/新課程版、2003年、2008年/改訂版、2009年、2014年。ISBN 4-578-01022-8 - 学習テクスト。
  • 『二〇世紀日米関係と東アジア』 川田稔編、風培社、2002年4月。ISBN 4-8331-4032-2
  • 『二〇世紀日本の天皇と君主制――国際比較の視点から一八六七~一九四七』 川田稔編、吉川弘文館、2004年3月。ISBN 4-642-03762-4
  • 『20世紀日本と東アジアの形成――1867~2006』 川田稔編、ミネルヴァ書房〈Minerva人文・社会科学叢書 120〉、2007年5月。ISBN 978-4-623-04842-7
  • 『伊藤博文と韓国統治――初代韓国統監をめぐる百年目の検証』 李盛煥編、ミネルヴァ書房〈シリーズ・人と文化の探究 6〉、2009年6月。ISBN 978-4-623-05439-8
  • 『日本の歴史 近世・近現代編』 藤井讓治編、ミネルヴァ書房、2010年5月。ISBN 978-4-623-05591-3
  • 『実録 昭和天皇(別冊宝島 2320)』 伊藤之雄監修、宝島社、2015年3月。ISBN 978-4800236876

論文編集

※後に単著に収録されたものは除く

単行本所収論文編集

雑誌論文編集

  • 元老の形成と変遷に関する若干の考察――後継首相推薦機能を中心として」、『史林』第60巻第2号、史学研究会、1977年3月、 pp. 241-263、 ISSN 0386-9369
  • 「「ファシズム」期の選挙法改正問題」、『日本史研究』第212号、日本史研究会、1980年4月、 pp. 42-77、 ISSN 0386-8850
  • 「一九二〇年代中・後期の地方都市民衆運動――但馬震災罹災民会より労農党但馬支部へ」、『史林』第63巻第5号、史学研究会、1980年9月、 pp. 739-775、 ISSN 0386-9369
  • 「名望家秩序の改造と青年党――斎藤隆夫をめぐる但馬の人々」、『日本史研究』第241号、日本史研究会、1982年9月、 pp. 39-73、 ISSN 0386-8850
  • 戸田文明橋本義則共著「一九八二年「第九回歴史学入門講座」の記録 (1982年度日本史研究会大会に向けて)」、『日本史研究』第242号、日本史研究会、1982年10月、 pp. 54-57、 ISSN 0386-8850
  • 「高橋内閣改造問題の考察」、『ヒストリア』第98号、大阪歴史学会、1983年3月、 pp. 19-42、 ISSN 0439-2787
  • 「原内閣と山県系官僚」、『史林』第66巻第4号、史学研究会、1983年7月、 pp. 556-582、 ISSN 0386-9369
  • 「近現代史部会共同研究報告 護憲三派内閣への政治過程〔含 討論〕 (1983年度 日本史研究会大会特集号) ―― (近現代分科会)」、『日本史研究』第259号、日本史研究会、1984年3月、 pp. 95-119、 ISSN 0386-8850
  • 北岡伸一著「清沢洌」」、『史林』第70巻第5号、史学研究会、1987年9月、 pp. 837-839、 ISSN 0386-9369
  • 「〈近代〉都市と政党――1893~1903年の和歌山市〔含 質疑・討論〕 (1990年度〔大阪歴史学会〕大会特集) ―― (個人報告)」、『ヒストリア』第129号、大阪歴史学会、1990年12月、 pp. 185-209、 ISSN 0439-2787
  • 「第1議会期の立憲自由党――組織と政策の形成」、『名古屋大学文学部研究論集』第110号、名古屋大学文学部、1991年、 pp. 231-291、 ISSN 0469-4716
  • 「日本政党政治研究の課題――三谷太一郎氏・テツオ・ナジタ氏の研究をめぐって」、『日本史研究』第345号、日本史研究会、1991年5月、 pp. 25-36、 ISSN 0386-8850
  • 「第2次伊藤内閣期の政党と藩閥官僚」、『名古屋大学文学部研究論集』第113号、名古屋大学文学部、1992年、 pp. 271-299、 ISSN 0469-4716
  • 「日清戦後の自由党の改革と星亨」、『名古屋大学文学部研究論集』第116号、名古屋大学文学部、1993年、 pp. 161-224、 ISSN 0469-4716
  • 「「自由民権運動立憲改進党大日方純夫」、『日本史研究』第368号、日本史研究会、1993年4月、 pp. 140-148、 ISSN 0386-8850
  • 「日清戦争以後の中国・朝鮮認識と外交論」、『名古屋大学文学部研究論集』第119号、名古屋大学文学部、1994年、 pp. 263-305、 ISSN 0469-4716
  • 「元老制度再考――伊藤博文・明治天皇・桂太郎」、『史林』第77巻第1号、史学研究会、1994年1月、 pp. 1-31、 ISSN 0386-9369
  • 「「日本の政党政治 1890-1937年――議会分析と選挙の数量分析」川人貞史」、『史学雑誌』第103巻第1号、山川出版社、1994年1月、 pp. 103-112、 ISSN 0018-2478
  • 「近現代 (1993年の歴史学界――回顧と展望) ―― (日本)」、『史学雑誌』第103巻第5号、山川出版社、1994年5月、 pp. 788-833、 ISSN 0018-2478
  • 「「日本近現代史(2)資本主義と『自由主義』」坂野潤治他編」、『歴史学研究』第660号、青木書店、1994年7月、 pp. 42-44、 ISSN 0386-9237
  • 「初期政友会の政策と組織の確立――原敬の主導権の形成」、『法学論叢』第136巻4~6、京都大学法学会、1995年3月、 pp. 193-230、 ISSN 0387-2866
  • 「三谷太一郎著『新版・大正デモクラシー論――吉野作造の時代』」、『史林』第78巻第6号、史学研究会、1995年11月、 pp. 980-987、 ISSN 0386-9369
  • 「日露戦争と桂園体制の形成」、『法学論叢』第138巻4~6、京都大学法学会、1996年3月、 pp. 228-304、 ISSN 0387-2866
  • 「J.Mark Ramseyer and Frances M.Rosenbluth,The Politics of Oligarchy:Institutional Choice in Imperial Japan,1995――合理的選択モデルと近代日本研究」、『レヴァイアサン』第19号、木鐸社、1996年10月、 pp. 146-156、 ISSN 1343-8166
  • 「高橋秀直著『日清戦争への道』」、『史林』第79巻第6号、史学研究会、1996年11月、 pp. 969-976、 ISSN 0386-9369
  • 「山県系官僚閥と天皇・元老・宮中――近代君主制の日英比較」、『法学論叢』第140巻1・2、京都大学法学会、1996年11月、 pp. 58-178、 ISSN 0387-2866
  • 「川田稔著『原敬 転換期の構想――国際社会と日本』」、『日本史研究』第412号、日本史研究会、1996年12月、 pp. 122-131、 ISSN 0386-8850
  • 「第一次大戦と戦後日本の形成――立憲政友会の動向」、『法学論叢』第140巻3・4、京都大学法学会、1997年1月、 pp. 155-211、 ISSN 0387-2866
  • 小林道彦著『日本の大陸政策1895~1914――桂太郎と後藤新平』」、『日本史研究』第426号、日本史研究会、1998年2月、 pp. 68-76、 ISSN 0386-8850
  • 「原敬内閣と立憲君主制(1)近代君主制の日英比較」、『法学論叢』第143巻第4号、京都大学法学会、1998年7月、 pp. 1-25、 ISSN 0387-2866
  • 「原敬内閣と立憲君主制(2)近代君主制の日英比較」、『法学論叢』第143巻第5号、京都大学法学会、1998年8月、 pp. 1-33、 ISSN 0387-2866
  • 「原敬内閣と立憲君主制(3)近代君主制の日英比較」、『法学論叢』第143巻第6号、京都大学法学会、1998年9月、 pp. 1-25、 ISSN 0387-2866
  • 「原敬内閣と立憲君主制(4)・完――近代君主制の日英比較」、『法学論叢』第144巻第1号、京都大学法学会、1998年10月、 pp. 1-18、 ISSN 0387-2866
  • 広田照幸著『陸軍将校の教育社会史』――教育社会学と近代日本研究」、『レヴァイアサン』第24号、木鐸社、1999年4月、 pp. 164-167、 ISSN 1343-8166
  • 季武嘉也著『大正期の政治構造』」、『史学雑誌』第109巻第3号、山川出版社、2000年3月、 pp. 438-447、 ISSN 0018-2478
  • 田中義一内閣と立憲君主制の混迷――昭和天皇をめぐる政治とイメージ」、『法学論叢』第148巻3・4、京都大学法学会、2001年1月、 pp. 187-276、 ISSN 0387-2866
  • 浜口雄幸内閣と立憲君主制の動揺(1)昭和天皇をめぐる政治とイメージ」、『法学論叢』第149巻第6号、京都大学法学会、2001年9月、 pp. 1-24、 ISSN 0387-2866
  • 「書評と紹介 原武史著『大正天皇』(朝日選書)」、『日本歴史』第641号、吉川弘文館、2001年10月、 pp. 125-127、 ISSN 0386-9164
  • 「浜口雄幸内閣と立憲君主制の動揺(2)昭和天皇をめぐる政治とイメージ」、『法学論叢』第150巻第1号、京都大学法学会、2001年10月、 pp. 1-26、 ISSN 0387-2866
  • 「浜口雄幸内閣と立憲君主制の動揺(3)昭和天皇をめぐる政治とイメージ」、『法学論叢』第150巻第2号、京都大学法学会、2001年11月、 pp. 1-17、 ISSN 0387-2866
  • 「浜口雄幸内閣と立憲君主制の動揺(4)昭和天皇をめぐる政治とイメージ」、『法学論叢』第150巻第4号、京都大学法学会、2002年1月、 pp. 1-19、 ISSN 0387-2866
  • 「浜口雄幸内閣と立憲君主制の動揺(5・完)昭和天皇をめぐる政治とイメージ」、『法学論叢』第150巻第6号、京都大学法学会、2002年3月、 pp. 1-22、 ISSN 0387-2866
  • 「近代日本の議会制の発展と立憲君主制の形成――イギリス・ドイツ・オーストリアとの比較の観点から (特集 法生活と文明史)」、『比較法史研究』第11号、比較法制研究所、2003年3月、 pp. 82-95、 ISSN 0918-4996
  • 「立憲君主制の空洞化と満州事変への道――第二次若槻内閣と昭和天皇をめぐる政治」、『法学論叢』第152巻5・6、京都大学法学会、2003年3月、 pp. 117-192、 ISSN 0387-2866
  • 「近代日本の君主制の形成と朝鮮――韓国皇帝・皇族等の日本帝国への包摂」、『法学論叢』第154巻4・5・6、京都大学法学会、2004年3月、 pp. 65-98、 ISSN 0387-2866
  • 「特集史論(1)日露開戦への道 (特集 日露戦争一〇〇年目の真実)」、『歴史読本』第49巻第4号、新人物往来社、2004年4月、 pp. 44-49。
  • 「昭和天皇と臣田中義一 (特集 天皇と皇室の21世紀) ―― (昭和史の中の天皇)」、『諸君!』第36巻第7号、文藝春秋、2004年7月、 pp. 258-268、 ISSN 0917-3005
  • 「書評 櫻井良樹著『帝都東京の近代政治史――市政運営と地域政治』」、『史学雑誌』第113巻第12号、山川出版社、2004年12月、 pp. 2050-2057、 ISSN 0018-2478
  • 東久邇宮稔彦王の迷走と宮中・陸軍――宮中某重大事件後の皇族と宮中政治1922~1926」、『法学論叢』第156巻3・4、京都大学法学会、2005年1月、 pp. 116-184、 ISSN 0387-2866
  • 「韓国と伊藤博文」、『日本文化研究』17輯〔韓国〕、2006年
  • 「東久邇宮稔彦王の復活と宮中・陸軍(1)皇族と満州事変への道・1927~1932」、『法学論叢』第159巻第1号、京都大学法学会、2006年4月、 pp. 1-28、 ISSN 0387-2866
  • 「東久邇宮稔彦王の復活と宮中・陸軍(2)皇族と満州事変への道・1927~1932」、『法学論叢』第159巻第3号、京都大学法学会、2006年6月、 pp. 1-35、 ISSN 0387-2866
  • 「東久邇宮稔彦王の復活と宮中・陸軍(3)皇族と満州事変への道・1927~1932」、『法学論叢』第159巻第4号、京都大学法学会、2006年7月、 pp. 1-29、 ISSN 0387-2866
  • 「東久邇宮稔彦王の復活と宮中・陸軍(4・完)皇族と満州事変への道・一九二七~一九三二」、『法学論叢』第159巻第5号、京都大学法学会、2006年8月、 pp. 1-29、 ISSN 0387-2866
  • 「講演要旨 昭和天皇と戦争責任――明治天皇の受けた教育・リーダーシップ・資質との比較の観点から〔含 質疑応答〕」、『調研クオータリー』第22号、読売新聞東京本社調査研究本部、2006年、 pp. 172-197。
  • 「京都御所・御苑空間と近代日本の天皇制(上)」、『京都市政史編さん通信』第27号、京都市市政史編さん委員会、2006年12月。
  • 「京都御所・御苑空間と近代日本の天皇制(中)」、『京都市政史編さん通信』第28号、京都市市政史編さん委員会、2007年4月。
  • 「京都御所・御苑空間と近代日本の天皇制(下)」、『京都市政史編さん通信』第29号、京都市市政史編さん委員会、2007年8月。
  • 「論文評 近代日本の君主制研究展望――河西秀哉氏の拙著[伊藤之雄著『昭和天皇と立憲君主制の崩壊』]書評に答えつつ」、『史林』第90巻第2号、史学研究会、2007年3月、 pp. 374-381、 ISSN 0386-9369
  • 「日露戦争後の都市改造事業の展開――京都市の都市経営・一九〇七~一九一一」、『法学論叢』第160巻5・6、京都大学法学会、2007年3月、 pp. 119-183、 ISSN 0387-2866
  • 「批判と反省 近代天皇は「魔力」のような権力を持っているのか」、『歴史学研究』第831号、青木書店、2007年9月、 pp. 17-23、 ISSN 0386-9237
  • 「研究余録 原敬の誤解と研究者の誤解」、『日本歴史』第721号、吉川弘文館、2008年6月、 pp. 81-83、 ISSN 0386-9164
  • 「伊藤博文の韓国統治と韓国併合――ハーグ密使事件以降」、『法学論叢』第164巻1-6、京都大学法学会、2009年3月、 pp. 1-70、 ISSN 0387-2866
  • 「第一次世界大戦後の都市計画事業の形成――京都市を事例に 一九一八~一九一九」、『法学論叢』第166巻第6号、京都大学法学会、2010年3月、 pp. 1-34、 ISSN 0387-2866
  • 「若き原敬の動向と国家観・自由民権観 郵便報知新聞記者の明治十四年政変」、『法学論叢』第170巻4-6、京都大学法学会、2012年3月、 pp. 33-105、 ISSN 0387-2866

門下生編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 京都新聞 政治家論 (3) 真剣な姿勢 歴史学者 伊藤之雄さん
  2. ^ a b 伊藤 之雄 - 京都大学 教育研究活動データベース
  3. ^ a b c d e 教員プロフィール/伊藤之雄 - 京都大学法科大学院
  4. ^ 伊藤之雄 (1993年3月23日). “大正デモクラシーと政党政治”. 京都大学. 2011年10月22日閲覧。
  5. ^ 伊藤之雄『昭和天皇伝』 文藝春秋、2011年7月。ISBN 978-4-16-374180-2561頁
  6. ^ 横山由紀子 (2012年2月16日). “司馬遼太郎賞・伊藤之雄さん『昭和天皇伝』 公私両面から実像に迫る+(1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経新聞社). オリジナル2012年2月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120216205852/http://sankei.jp.msn.com/life/news/120216/art12021608000003-n1.htm 2012年7月10日閲覧。 
  7. ^ 第15回司馬遼太郎賞”. 司馬遼太郎記念館. 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  8. ^ 「天皇の歴史」『中央公論』2007-01「特集日本史を学び直すための130冊-当代の専門家、評論家が厳選した珠玉の本の数々を手に、いざ歴史の大海原へ」
  9. ^ 『加藤高明と政党政治-二大政党制への道-』山川出版社、2006年、422頁
  10. ^ 『加藤高明と政党政治-二大政党制への道-』山川出版社、2006年、423頁
  11. ^ 『日本陸軍と日中戦争への道-軍事統制システムをめぐる攻防-』ミネルヴァ書房2010年、285頁
  12. ^ 『平沼騏一郎と近代日本-官僚の国家主義と太平洋戦争への道』京都大学学術出版会、2016年、447頁
  13. ^ 『平沼騏一郎と近代日本-官僚の国家主義と太平洋戦争への道』京都大学学術出版会、2016年、446頁
  14. ^ 『松田正久と政党政治の発展-原敬・星亨との連携と競合-』ミネルヴァ書房、2017年、275頁
  15. ^ 『平沼騏一郎と近代日本-官僚の国家主義と太平洋戦争への道』京都大学学術出版会、2016年、447頁

関連項目編集

外部リンク編集