伊藤俊幸

日本の海将、統合幕僚学校長

伊藤 俊幸(いとう としゆき、1958年3月11日 - )は、日本海上自衛官。最終階級は海将金沢工業大学教授

伊藤いとう 俊幸としゆき
ItoHiroyuki.png
統合幕僚学校校長時代(2014年)
生誕 (1958-03-11) 1958年3月11日(64歳)
日本の旗 日本 愛知県豊明市
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1981年 - 2015年
最終階級 JMSDF Vice Admiral insignia (a).svg 海将
除隊後 金沢工業大学教授
テンプレートを表示

来歴編集

愛知県豊明市出身。愛知県立熱田高等学校防衛大学校機械工学科卒業(第25期)。筑波大学大学院修士課程修了、修士(地域研究)

はやしお艦長在アメリカ合衆国日本国大使館防衛駐在官統合幕僚学校長を経て、呉地方総監。2015年8月、退官[1]。2016年より、金沢工業大学教授[2][3]

えひめ丸事故編集

1999年から防衛駐在官としてアメリカに勤務しており、在任中の2001年にハワイ州オアフ島沖にて愛媛県立宇和島水産高等学校の実習船がアメリカ海軍原子力潜水艦と衝突したえひめ丸事故を対応。捜索打ち切りに傾く米海軍に日本人の遺体に関する考えを説くなど交渉に当たった[4]

著書編集

単著編集

  • 「リーダーシップは誰でも身に付けられる―海上自衛隊が実践する、米海軍式の最強リーダーシップ論」(アルファポリス、2018年4月1日)[5]

所属学会編集

メディア出演編集

ラジオ
インターネットテレビ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 防衛省「防衛省発令(将人事)」(PDF)2015年8月4日
  2. ^ 教員プロフィール”. www.kanazawa-it.ac.jp. 2021年11月22日閲覧。
  3. ^ 伊藤 俊幸 | KIT虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科” (日本語). KIT虎ノ門大学院. 2021年11月22日閲覧。
  4. ^ 小林正和. “『この人』 海上自衛隊呉地方総監に就任した 伊藤俊幸さん” (日本語). 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター. 中国新聞社. 2021年11月22日閲覧。
  5. ^ Itō, Toshiyuki; 伊藤俊幸. (2018). Rīdāshippu wa daredemo mi ni tsukerareru : kaijō jieitai ga jissen suru beikaigunshiki no saikyō rīdāshippuron. Tōkyō: Arufaporisu. ISBN 978-4-434-24438-4. OCLC 1030449007. https://www.worldcat.org/oclc/1030449007 
  6. ^ 伊藤 俊幸 (Toshiyuki Ito) - 日本安全保障・危機管理学会 - 所属学協会 - researchmap”. researchmap.jp. 2021年11月22日閲覧。
先代
三木伸介
呉地方総監
第41代:2014年 - 2015年
次代
池田徳宏