メインメニューを開く

伊藤友司

伊藤友司(いとう ともじ、明治45年(1912年5月9日 - 昭和42年(1967年8月6日)は、日本の女性宗教家真如苑霊祖・初代苑主。摂受心院(しょうじゅしんいん)と呼ばれる。夫は真如苑開祖の伊藤真乗

目次

年譜編集

  • 1912年 5月9日、山梨県北巨摩郡高根村東井出(現・北杜市高根町)に、内田家の長女として誕生。
  • 1915年 12月23日、父・内田義平と死別。
  • 1919年 1月、母・もとよが大芝家に再嫁したので、祖母・内田きん(宝珠院)のもとで育つ。
  • 1931年 1月、甲府の和裁学校に入学。
  • 1932年 4月27日、伊藤文明(のちの真乗)と結婚。東京・立川に移住。
  • 1935年 12月28日、運慶作と口伝される不動明王像を勧請。
  • 1936年 1月、夫・真乗とともに寒30日の修行に入る。
    2月4日午前1時 祖母・内田きん(宝珠院)の霊能を伯母・油井玉恵を通して相承。
    2月8日、夫・真乗と共に宗教専従の道に入る。
  • 1950年 1月、真如三昧耶加行に入る。
    5月、真如三昧耶法を法畢する。
  • 1951年 6月、「まこと教団」を「真如苑」と改め、苑主に就任。
  • 1963年 8日、山梨県より紺綬褒章を受ける。
  • 1966年 3月5日、醍醐寺より権大僧正の位階を贈補される。
    11月、タイ国・パクナム寺院より仏舎利を贈られたその答礼として同寺院を訪問、ついでタイ国チェンマイにおける第8回世界仏教徒会議に夫・真乗とともに日本代表として出席。
  • 1967年 6月より1ヶ月にわたり、欧州宗教交流親善使節団の副団長として欧州7ヵ国とイスラエルを訪問、バチカンでローマ教皇パウロ6世と面会。
    8月6日、関西本部において急逝。
    8月8日、醍醐寺より大僧正位を追贈される[1]

関連項目編集

参考文献編集

  • 藤の花房・全2集(摂受院親教集、橘佐久夫編、第1集は1969年、第2集は1974年)
    上記は真如苑内における刊行物。
  • かっぽう着の法母・上中下3刊(櫻井秀勲著、学習研究社、1989年)

脚注編集

  1. ^ 「摂受心院刊行会」『摂受心院 ほとけの心を生きる』 (2012)中央公論新社 P374~381

外部リンク編集