メインメニューを開く

伊藤 幹治(いとう みきはる、1930年1月4日 - 2016年3月29日)は、日本人類学者民俗学者国立民族学博物館名誉教授。

目次

来歴編集

東京出身。1953年國學院大学文学部文学科卒、1955年同大学院文学研究科修士課程修了。1975年「稲作儀礼の研究」で國學院大文学博士。1954年東京都立明正高等学校教諭、1956年國學院大学日本文化研究所研究員、1959-1960年琉球国際短期大学助教授、1966-1968年ハーヴァード大学燕京研究所客員研究員、1969年國學院大學文学部助教授、1974年国文学研究資料館教授、同6月国立民族学博物館教授、1988年退職、名誉教授、成城大学教授、1991年同民俗学研究所所長。2000年成城大を退職[1]

柳田國男研究を中心に、古代からの日本の宗教や生活習慣などに関する著書がある。『柳田國男全集』(筑摩書房)の編集委員でもある。

2008年に第18回南方熊楠賞受賞。

2016年3月29日、心不全のため死去[2]。86歳没。叙従五位瑞宝小綬章追贈[3]

主な著作編集

単著編集

  • 『稲作儀礼の研究 日琉同祖論の研究』(而立書房、1974年)
  • 『柳田国男 学問と視点』(潮出版社・潮選書、1975年)
  • 『沖縄の宗教人類学』(弘文堂、1980年)
  • 『家族国家観の人類学 歴史と日本人』(ミネルヴァ書房、1982年)
  • 『宴と日本文化 比較民俗学的アプローチ』(中央公論社中公新書、1984年)
  • 『宗教と社会構造』(弘文堂、1988年)
  • 『贈与交換の人類学』(筑摩書房、1995年)
  • 『柳田國男と文化ナショナリズム』(岩波書店、2002年)
  • 『日本人の人類学的自画像 柳田國男と日本文化論再考』(筑摩書房、2006年)
  • 『柳田國男と梅棹忠夫 自前の学問を求めて』(岩波書店、2011年)
  • 『贈答の日本文化』(筑摩書房・筑摩選書、2011年)

共著編集

共編・編編集

  • 『シンポジウム 柳田国男』神島二郎共編、日本放送出版協会 1973年
  • 『柳田國男の世界』米山俊直との共編、放送ライブラリー・日本放送出版協会、1976年
  • 『講座日本の古代信仰 第3巻 呪ないと祭り』(編 学生社 1980年)
  • 『日本人の贈答』(栗田靖之との共編、ミネルヴァ書房、1984年)
  • 『文化人類学的アプローチ』(米山俊直との共編、ミネルヴァ書房、1988年)

脚注編集

  1. ^ 伊藤幹治教授経歴:成城大学図書館
  2. ^ 文化人類学者の伊藤幹治さん死去 柳田国男氏に師事 朝日新聞 2016年4月7日閲覧
  3. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2016年4月28日朝刊