メインメニューを開く

伊藤 拓郎(いとう たくろう、1993年4月2日 - )は、徳島県阿南市生まれ、東京都練馬区出身の元プロ野球選手社会人野球選手(投手)。右投右打。

伊藤 拓郎
日本製鉄鹿島 #15
20121123 Takurou Itou, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
DeNA時代
(2012年11月23日、横浜スタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
(出生地は徳島県阿南市
生年月日 (1993-04-02) 1993年4月2日(26歳)
身長
体重
185 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト9位
初出場 NPB / 2012年10月5日
最終出場 NPB / 2012年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

目次

経歴編集

プロ入り前編集

徳島県阿南市生まれ、東京都練馬区育ち。小学2年から野球を始めて、地元チームのツバメ野球部でプレーする。大泉西中では東練馬リトルシニアに所属、3年時にAAアジアチャレンジマッチ日本代表に選出される。

帝京高に進学すると、1年時春から公式戦に登板。背番号18でベンチ入りした第91回全国高等学校野球選手権大会敦賀気比高戦の9回2死からリリーフとして登板し甲子園デビューを果たすと、最速147km/hを記録。続く3回戦の九州国際大附高戦では148km/hを記録して、中田翔が持っていた1年生の最速記録を更新した。秋からは背番号11を背負いながら主戦となり、第82回選抜高等学校野球大会に出場。1回戦の神戸国際大附高戦と2回戦の三重高戦で2試合連続で完投勝利する活躍でベスト8入りを果たす。

2年になるとスピードを追い求めるあまりにフォームを崩し、制球が乱れるようになる。さらに、夏に背筋痛に苦しみ伸び悩んだ[1]。同じくして、帝京高の投手コーチが退任し、投手を指導できる人物がいなくなったこともあり、その後も調子は上がらず、3年時春の都大会では初戦敗退を喫する。一転、夏は球速へのこだわりを捨て緩急で勝負することを決意し[1]、東東京予選準々決勝の修徳高戦では7回参考記録ながらノーヒットノーランを記録[2]。決勝の関東一高戦では9回1失点の完投で甲子園出場を果たした[3]第93回全国高等学校野球選手権大会では、初戦で大谷翔平がエースの花巻東高戦で先発し4回途中5失点で降板したがチームは8-7で勝利する。2回戦の八幡商業高戦では、定評のあった打撃を生かすため先発は後輩の投手に託し一塁手として出場した。チームは3-0とリードし9回表の守りにつくも、1死から連打を浴び1点を返された直後に逆転満塁本塁打を打たれ3-5で敗退した。結局マウンドに上がることはなかったが試合後はホームランを打たれた後輩や1年時から苦楽をともにした松本剛を笑顔で慰めた。野球部の2学年先輩に原口文仁、1学年先輩に山崎康晃、2学年後輩に石川亮がいる。

2011年10月27日プロ野球ドラフト会議横浜ベイスターズからドラフト指名最後となる9位で指名を受け、11月22日に契約金1000万円、年俸450万円(金額は推定)で契約した。背番号は67に決定した。高校の同期である松本剛も、北海道日本ハムファイターズから2位指名を受けた。

横浜・DeNA時代編集

2012年には、10月5日にプロ入り後初の出場選手登録を果たすと、同日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)に救援投手として一軍デビュー。一軍公式戦には、この試合を含めて2試合に登板した。

2013年以降は一軍公式戦への登板機会がなく、2014年10月3日に球団から戦力外通告を受けた[4]。通告後には、2度にわたって12球団合同トライアウトに参加。NPB加盟球団からの獲得オファーがなかった一方で、11月22日には、BCリーグ富山サンダーバーズが伊藤の獲得に乗り出すことが報じられた[5]12月2日に、自由契約選手としてNPBから公示[6]同月27日には、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスが伊藤の獲得を発表した[7]。群馬への入団に至った背景には、DeNA時代のチームメイトで、当時群馬のシニアディレクターを務めていたアレックス・ラミレスからの勧めがあったという[8]

BCリーグ・群馬時代編集

2015年には、リーグ戦29試合に登板。6勝6敗、防御率4.81という成績を残した。シーズン終了後の11月10日には、前年に続いて、12球団合同トライアウトへ参加している[9]。その後は単身でオーストラリアウインターリーグABL)に参加[10][11]アデレード・バイトに所属し、7試合に登板(先発1試合)、2勝0敗、防御率2.51の成績を挙げ、ポストシーズンにも2試合登板している[12]

2016年も引き続き群馬でプレーし、ウインターリーグの経験から前年より調子を上げ、16試合に登板、8勝2敗、防御率2.48と成績が良化した[11]。この年リーグ優勝した群馬が出場したグランドチャンピオンシップにも登板、1勝を挙げて、シリーズのMVPに選ばれた[13]。11月12日、3年連続となる12球団合同トライアウトに参加し、1安打1四球1凡打の内容だった[14]

2017年はオフに12球団合同トライアウトを受けることを目標とせず、群馬でのプレーに専念し、投手陣のリーダーとしてチームを引っ張る[10]。結果、リーグトップタイの13勝を挙げ、東地区優勝に貢献。最多勝利と最多奪三振のタイトルを獲得する活躍をした。10月30日に退団が発表された[15]

BCリーグ・群馬退団後編集

2018年からは、社会人野球新日鉄住金鹿島にてプレーを続けることとなった[16](所属は日鉄住金物流鹿島)。同年8月に結婚[17]

選手としての特徴・人物編集

最速148km/hのストレートと鋭いスライダーが武器[18]。2014年の12球団合同トライアウトでは最速138km/hまで球速が落ちていた[19]が、2015年のオフのウインターリーグで最速146km/hにまで球速を戻している[20]。ドラフト指名時は潜在能力を高く評価されていて、打撃センスも抜群だと評価されていた[21]

自身の球歴が3年ごとに区切りが来ていると感じており、高校、DeNA(横浜)、BCL群馬にそれぞれ3年間ずつ所属した[10]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 DeNA 2 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 9 2.0 1 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.50
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 9 2.0 1 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.50

記録編集

NPB

独立リーグでの投手成績編集










































W
H
I
P
2015 群馬 29 0 6 6 0 .500 389 88.0 98 5 29 7 64 8 5 49 47 4.81 1.44
2016 16 1 8 2 0 .800 280 65.1 70 2 16 4 59 3 0 24 18 2.48 1.32
2017 23 5 13 6 0 .684 673 160.2 134 5 46 19 123 7 0 63 46 2.58 1.14
通算:3年 68 6 27 14 1 .659 1342 314.0 302 12 91 30 246 18 5 136 111 3.18 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

独立リーグでのタイトル・表彰編集

BCL
  • 最多勝利 (2017年)[22]
  • 最多奪三振 (2017年)[22]
IPBL
  • グランドチャンピオンシップ最優秀選手賞 (2016年

ウィンターリーグでの投手成績編集





















































W
H
I
P
2015-2016 アデレード 7 1 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 64 14.1 9 0 9 0 3 9 1 0 6 4 2.51 1.26
通算:1年 7 1 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 64 14.1 9 0 9 0 3 9 1 0 6 4 2.51 1.26

背番号編集

  • 67 (2012年 - 2017年)
  • 15 (2015年 - 2016年) ※アデレード・バイトでの背番号

脚注編集

  1. ^ a b 帝京・伊藤、激動の2年5ヵ月が終わる”. デイリースポーツonline (2011年8月14日). 2012年6月13日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 帝京のプロ注目エース伊藤 7回参考ノーヒッター!”. スポニチ Sponichi Annex (2011年7月28日). 2012年6月13日閲覧。
  3. ^ 帝京・伊藤 最後の夏に156球完投!復肩V”. スポニチ Sponichi Annex (2011年8月11日). 2012年6月13日閲覧。
  4. ^ 2015年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2014年10月3日配信
  5. ^ 【BCリーグ】DeNA戦力外の伊藤、富山が獲得に動く”. スポーツ報知 (2014年11月22日). 2015年1月8日閲覧。
  6. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  7. ^ 新入団選手のお知らせ”. 群馬球団公式サイト (2014年12月27日). 2015年1月8日閲覧。
  8. ^ 戦力外伊藤が群馬へ ラミからラブコール”. nikkansports.com (2014年12月22日). 2015年1月8日閲覧。
  9. ^ “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  10. ^ a b c 第219回 群馬・伊藤拓郎(最多勝&最多奪三振)「石の上ならぬBCにも3年で……」”. BCリーグ戦記. SPORTS COMMUNICATIONS (2017年10月11日). 2018年1月25日閲覧。
  11. ^ a b “東京)喝采の影で/独立リーグ 伊藤拓郎”. 朝日新聞デジタル. (2017年7月6日). http://www.asahi.com/area/tokyo/articles/MTW20170706131480001.html 2018年1月25日閲覧。 
  12. ^ Takuro Ito stats ABL.com (英語)
  13. ^ ペガサス初日本一 (PDF) - 上毛新聞電子版2016年10月10日(2016年10月11日閲覧・アーカイブ)
  14. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.html 2016年11月13日閲覧。 
  15. ^ 退団選手のお知らせ BCリーグ 独立リーグ 2017年10月30日
  16. ^ “《ペガサス通信》退団の伊藤、来季は新日鉄住金鹿島”. 上毛新聞. (2017年11月28日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/18017 2018年1月25日閲覧。 
  17. ^ “大谷以上の剛速球を投げた甲子園球児 DeNAを3年で戦力外”. サンケイスポーツ. (2018年12月2日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181202/npb18120219550005-n1.html 2019年2月7日閲覧。 
  18. ^ 【横浜9位】伊藤拓郎 素材はピカイチ 高1の時の輝き取り戻せるか?”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月27日). 2012年6月13日閲覧。
  19. ^ 田口元義 (2014年11月21日). “高1で「148km」、21歳の今「135km」。元DeNA伊藤拓郎のトライアウト戦記。”. 野球クロスロード. Number Web. 2018年1月25日閲覧。
  20. ^ “高1史上最速男 148キロの呪縛「どうしても150キロ投げたい」”. 東スポWeb. (2016年8月28日). https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/584436/ 2018年1月25日閲覧。 
  21. ^ プロ野球ドラフト会議”. 横浜ベイスターズ (2011年11月25日). 2012年2月10日閲覧。
  22. ^ a b 2017シーズン 個人タイトル確定”. BCリーグ (2017年9月22日). 2018年1月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集