メインメニューを開く

伊藤 益(いとう すすむ、1955年9月15日 - )は日本の哲学者筑波大学大学院人文社会科学研究科教授。文学博士。研究テーマは日本倫理思想。

父は、国文学万葉学者で筑波大学名誉教授の伊藤博である。

来歴編集

  • 1955年 京都市に生まれる。
  • 1979年 上智大学 文学部 哲学科 卒業
  • 1986年 筑波大学大学院 哲学・思想研究科 倫理学専攻 修了
  • 1986年-1992年 東北歯科大学(現、奥羽大学) 歯学部 専任講師
  • 1992年 日本倫理学会和辻賞を受賞
  • 1992年-1997年 淑徳大学 社会学部 助教授
  • 1997年-1999年 淑徳大学 社会学部 教授
  • 1999年-2003年 筑波大学 哲学・思想学系 助教授
  • 2003年- 筑波大学 哲学・思想学系 (現、哲学・思想専攻) 教授

著書編集

  • 『ことばと時間 -古代日本人の思想-』(大和書房、1990-1992年度和辻賞受賞)
  • 『日本人の知 -日本的知の特性-』(北樹出版、1995年)
  • 『日本人の愛 -悲恋の思想-』(北樹出版、1996)
  • 『「信」の思想 -親鸞とアウグスティヌス-』(北樹出版、1998)
  • 『日本人の死 -日本的死生観への視角-』(北樹出版、1999)
  • 『旅の思想 -日本思想における「存在」の問題-』(北樹出版、2001)
  • 『親鸞 -悪の思想-』(集英社新書、2001)
  • 『高橋和己作品論 -自己否定の思想-』(北樹出版、2002)
  • 『歎異抄論究』(北樹出版、2003)
  • 『愛と死の哲学 -田辺元-』(北樹出版、2005)
  • 『危機の神話か神話の危機か -古代文芸の思想-』(筑波大学出版会、2007)
  • 『鬱を生きる思想』(北樹出版、2012)
  • 『自由論 -倫理学講義-』(北樹出版、2014)
  • 『私釈親鸞』(北樹出版、2015)
  • 『私釈法然』(北樹出版、2016)
  • 『念仏者 蜂屋賢喜代』(北樹出版、2017)
  • 『歎異鈔講話』校訂 (著者・蜂屋賢喜代、北樹出版、2018)
  • 『日本思想の論理』(北樹出版、2019)