伊藤 眞(いとう まこと)は、日本外交官外務省大臣官房調査官や、デンバー総領事を経て、2017年平成29年)4月17日からアルバニア駐箚特命全権大使2020年令和2年)10月16日からボスニア・ヘルツェゴビナ駐箚特命全権大使。

経歴・人物編集

東京都出身。東京外国語大学卒業後、1978年外務省入省。2002年から国際協力局国際緊急援助室首席事務官を務め、2003年にアルジェリア大地震が発生した際は、アルジェリアにおける地震災害に対する国際緊急援助隊専門家チーム団長として、現地で調査・復旧活動などにあたった[1][2]

2004年在ルーマニア日本国大使館次席参事官。2008年在ギリシャ日本国大使館次席参事官。2011年大臣官房人事課企画官。2013年大臣官房調査官[1]。2015年デンバー総領事。2017年から常駐としては初代となるアルバニア駐箚特命全権大使を務めた[3][4]。2020年ボスニア・ヘルツェゴビナ駐箚特命全権大使[5]

脚注編集

  1. ^ a b 「大使略歴 」外務省
  2. ^ アルジェリア大地震 国際緊急援助隊追加派遣JICA
  3. ^ マケドニア大使に羽田氏 日本経済新聞2017/4/11 9:21
  4. ^ 「在アルバニア日本国大使着任の御挨拶 」外務省
  5. ^ 外務省人事(16日付)朝日新聞デジタル2020年10月17日