伊藤 秀志(いとう ひでし、1954年昭和29年〉9月11日[1] - )は歌手東海地方を中心に活動しているローカルタレント

いとう ひでし
伊藤 秀志
生誕 (1954-09-11) 1954年9月11日(69歳)
日本の旗 日本 秋田県由利郡大内町(現 由利本荘市
別名 秋田の蓄音機(旧芸名)
出身校 中京大学中退
職業 歌手タレント
活動拠点 東海地方
テンプレートを表示

秋田県由利郡大内町(現・由利本荘市)出身。秋田県立本荘高等学校卒業。中京大学中退[1][2]

概要 編集

1974年中京大学文学部心理学科(現 心理学部心理学科)を中退後に、名古屋女子大小路流しをしている所をCBCラジオのディレクターにスカウトされ、ラジオ番組『土曜天国』の外中継リポーターを務める。当時の芸名は「秋田の蓄音機」。

以後は名古屋を中心に歌手、タレント活動を行う。

2004年4月から2005年4月1日まで、平日夕方帯のテレビ番組『ぱっぱ屋』(メ〜テレ)のMCを務めた。

経歴・人物 編集

同じく名古屋を拠点に活動する、つボイノリオを長年に亘って慕っており、兄弟弟子の関係にある。高田文夫とも親交があり、『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)にゲスト出演している。

2009年2月、『誰も知らない泣ける歌』(日本テレビ)で『大きな古時計秋田弁バージョンを披露。その時は「フランス語に聞こえる」と紹介された。

2017年以降は自身が経営するライブハウス『GEM STUDIO』の活動を中心にライブ活動を行っている。

ディスコグラフィー 編集

過去のレギュラー番組 編集

関連人物 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d 『DJ名鑑 1987』三才ブックス、1987年2月15日、28 - 29頁。NDLJP:12276264/15 
  2. ^ 後に中京大学 現代社会学部非常勤講師となり、同大学の同窓会行事演奏した。
  3. ^ 「“方言ブーム”とです。 響き新鮮、想像する楽しみ」産経新聞(Sankei web 2005年9月18日配信)

外部リンク 編集