メインメニューを開く
伊藤述史

伊藤 述史(いとう のぶふみ、1885年8月19日 - 1960年4月3日)は、日本の外交官情報局総裁、貴族院議員等を務めた後、戦後GHQにより公職追放された。

人物編集

愛媛県出身。東京高等商業学校(現一橋大学)卒業後外務省入省。その後リヨン大学に留学。各赴任先で英語フランス語ドイツ語イタリア語ロシア語などを次々と習得し語学の天才と評された[1]法学博士。妻はフランス人。

満州事変前後を通じ国際連盟政府代表代理を務め日本の国際連盟脱退を実現。1937年から支那欧米諸国歴訪特命全権公使を務め、日独伊三国同盟推進派だった大島浩駐ドイツ大使や白鳥敏夫駐イタリア大使の説得にあたったのち、1940年からは内閣情報部長や初代内閣情報局総裁を務め情報統制を行った。その後貴族院議員となったが戦後GHQにより公職追放[2]され、GHQ参謀第2部(G2)直轄キャノン機関傘下の伊藤機関を組織した[3]

略歴編集

著書編集

  • 「日本の外交」(三省堂、1940年
  • 「新アジア大観 / 伊藤述史編」(アジア連絡協会、1953年
  • 「La clause de la nation la plus favorisée : (droit international économique) / N. Ito」(Les Editions internationales、1930年
  • 「La protection des minorités / N. Ito」(L. Chauny et L. Quinsac、1931年
  • 「New Japan : six years of democratization / N. Ito」(Japan Peace Study Group、1951年

論文編集

  • 「仏教の戦争観」(一橋論叢(一橋大学)41巻3号、1959年3月号)

脚注編集

  1. ^ 伊藤述史公使 情報部長に決定 大阪朝日新聞 1940年(昭和15年)8月14日
  2. ^ コトバンク 伊藤述史
  3. ^ 飛鳥大悟『クラブ・シルバー 2 占領下の日本篇』27頁
  4. ^ 『官報』第5811号、昭和21年5月31日。


先代:
(新設)
情報局総裁
1940年 - 1941年
次代:
谷正之