メインメニューを開く

伊藤 雄彦(いとう たけひこ、1965年4月3日 - )は、NHK大阪放送局アナウンサー

いとう たけひこ
伊藤 雄彦
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
生年月日 (1965-04-03) 1965年4月3日(54歳)
最終学歴 早稲田大学卒業
勤務局 NHK大阪放送局
部署 編成部アナウンスルーム
職歴 鳥取前橋東京アナウンス室大阪→東京アナウンス室→札幌→東京アナウンス室→日本語センター出向→大阪
活動期間 1990年
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

人物編集

嗜好・挿話編集

地域放送を主に担当していたが、最初の東京異動後の1999年に同年スタートのお笑い番組「爆笑オンエアバトル」を担当。バラエティの担当は初めてだったというが、エンディングの決めぜりふ『あなたたちです!』を生みだし、以降「オンバト+」に至るまで代々の司会に引き継がれる[1]など、この番組にかかわっていた。以後、情報番組を中心に担当している。

同期のアナウンサー編集

辻智太郎・田中学・和田哲・高谷智泰・武田真一ほか

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

鳥取放送局時代
  • 鳥取県のニュース・中継・リポート
前橋放送局時代
  • 群馬県のニュース・中継・リポート
東京アナウンス室時代(1度目)
  • 爆笑オンエアバトル(1999年3月27日 - 2000年3月25日)
    • 1999年10月17日放送回の収録では出演者の底ぬけAIR-LINEアンタッチャブルに「司会ぶりは何KBなのか」と司会ぶりを審査され、結果は149KBだった(但し、バケツを取りに行った古坂大魔王がバケツから何個かボールをわざと落とした為、実際の結果はそれより多い)。その後伊藤アナは番組の編集で顔にモザイクを入れられた。この様子は同年12月19日放送の番外編でオンエアされた。また、同年12月26日放送のスペシャルでテツandトモのネタ「なんでだろう」を他の芸人が行うコーナーがあり、そこでアンジャッシュの二人からアナウンサーなのにサインの練習をしている事、更にそのサインが3パターンもある事を暴露された。伊藤アナは否定したが、テロップで「これ本当の話です」が入った。
  • 首都圏ネットワーク(2000年度)
大阪放送局時代(1度目)
東京アナウンス室時代(2度目)
札幌放送局時代
東京アナウンス室時代(3度目)
大阪放送局時代(2度目)

出典編集

外部リンク編集

先代:
----
爆笑オンエアバトル司会者
伊藤雄彦
(1999年4月~2000年3月)
次代:
森下和哉
(2000年4月~2002年3月)