伊 行末(いぎょうまつ、い の ゆきすえ、? - 文応元年7月11日1260年8月19日))は、鎌倉時代の石工。南宋時代に現在の中国浙江省寧波付近で生まれ、鎌倉時代初頭に来日し南都焼討後の東大寺復興にあたった。我が国の石工集団「伊派」の創始者であり、彼の子孫は「伊」「猪」「井」を冠する苗字を名乗り(例えば伊野、猪野、井野)、日本各地にその足跡を残している。

作品編集

この他、確証はないものの、重要文化財「東大寺南大門石獅子一対(建久7年(1196年))」も伊行末が関与したものとして有力視されている。

参考資料編集

  • 川勝政太郎、五味義臣「石の奈良」東京新聞出版局

関連項目編集