伊谷 原一(いだに げんいち、1957年 - )は、日本霊長類学者、人類学者京都大学野生動物研究センター教授。理学博士(京都大学)。霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院プログラムコーディネーター 、野生動物研究センター 熊本サンクチュアリ所長、大型類人猿情報ネットワーク (GAIN) 事業代表者 、公益財団法人日本モンキーセンター 所長・附属動物園長、京都市動物園学術顧問[1]

父親は霊長類学者の伊谷純一郎[要出典]

来歴編集

愛知県犬山市に生まれる。

1992年より京都市にある複数の大学(同志社女子大学同志社大学立命館大学)で講師を務めた後、1996年より林原自然科学博物館に準備段階からスタッフとして参加[1]。林原自然科学博物館では1999年に人類学研究部長、また林原生物化学研究所では2003年より類人猿研究センター長を務めた[1]

2007年より京都大学霊長類研究所に客員教授として勤務し、2008年より野生動物研究センター教授となる[1]

人物編集

人間に興味を持ち、より深く理解するために霊長類の研究を始めた[要出典]

脚注編集

  1. ^ a b c d 伊谷原一 - 京都大学野生動物研究センター(メンバー紹介)